先程の相談では、
盗聴の類の被害や身体攻撃による生活妨害、業務妨害を主に挙げさせて頂きました。