DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

人権

#人権

「人権擁護法(酷い場合は令状無しに機関の方が家宅捜査できる権利・国連に助けを求められる個人通報制度※ア)の制定、施行をお願い致します。」

今の法律では取り締まりが難しい犯罪被害、
「テクノロジー犯罪(電磁波や電波、超音波や特殊な音波など見えない媒体を使った嫌がらせ)」と「人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカー・ガスライティング等の嫌がらせ)」の被害に遭っており、
現在も有効な法律無く、多くの犯罪資金が出回っている噂や、それに寄ってか信じ難い国の一部の機関などの対応もあり、もう数年被害から抜け出せず経過しております・・・。

被害記録
http://denebu.livedoor.biz
http://twitter.com/DENEBU7
http://twilog.org/DENEBU7

被害を与えているだろう住居や施設や関連会社などは目星がついているのですが、今の法律では任意の為か、国や機関の方が家に入り機材等を捜索するのは難しい模様です。

私は時々人権団体でも勉強させて頂いておりますが、有効な法律が無い特殊な犯罪被害に対して、場合により国以上の対応ができる※アがあって欲しいと思っております。

よく言われている事柄の一つに「取調べの可視化」があると思いますが、稀に国の機関が行き過ぎた対応をした場合、他の国の機関でも対応が難しい場合に、現在、人権団体が人権問題として取りあげている様な流れがあると思います。しかし今回の問題はその人権団体でも、特殊な犯罪であるが為証拠が余り無く、取り上げるのも難しい問題であり、これらを解決できる策が是非あって欲しく思っております。

国が早急に対応できない人権侵害行為に対して、先を見越し、「人権擁護法(酷い場合は令状無しに機関の方が家宅捜査できる権利・国連に助けを求められる個人通報制度)の制定と施行」を、何卒、お願い致します。

2012年4月26日(木)
堀江 一敬

追記
現在や今後、取り締まりが難しい悪質な行き過ぎた内容の出版や製品や書き込み等が今後あった場合にも、機関の方に特に酷い場合の令状無し(おそらく簡単な書類手続き)の家宅捜査権があれば、簡単に問題を解決できる可能性在ります。
特に規制を逸脱した、出版物(本、同人誌など)、製品(CDやDVDやゲームなど)、書き込み(複数の者が閲覧できるSNSやいじめサイトなど)等にも対応できると思います。

出版物や製品や書き込みを利用したイジメが増える可能性は、これからも非常に高いと思っております。
例えば、パソコンや携帯やスマートフォンなどから知識や技術を身につけた方々が、これからもどんどん増えてくると思いますが、その行程で恐らく余裕が生じて、イジメの判断知識無く、刑法よく知らず、書き込みなどを利用したイジメ(の段階)を経験する方が、多く出てきそうな危険性があると思えます。
特にリアルタイムで某大型掲示板問題などを体験されてない方々は、知識増えた後に同様に繰り返す可能性が在り、さらに今後、クラウド環境がパソコンでもスマートフォンや携帯でも流行る流れが見えてきてると思え、事前に対策が必要だと思っております。

クラウドサービスは例えると、個人の記録媒体やレンタルした記録媒体などから、外から小型の端末等を利用し情報を入れたり取り出せるサービスで、例えば、個人のパソコンにイジメに関する情報を閲覧出来る様にページを作り、仲間にだけ、そのパソコンをアクセスできるパスワードやキーを教えておくと、あっという間に悪質なイジメが出来てしまい、学校の先生でさえも探したりする事が難しい状況が出てくる危険性あると思えます。
現在は、プロバイダー開示書と言う手続きがありますがプロバイダーは少ないから対応できるのであって、これが個人それぞれが家で立ち上げクラウドサービスなどを利用し始めた場合、相当数のイジメサイトが出来上がり、さらに発見するのも難しい状況になり得る危険性があると思えます。

以下、実際に、学校いじめサイトなどを使ったイジメの件もニュースになった経緯在ります。

※「ネットいじめ」を検索してみてください。

私の場合は、酷いことに「個人の盗聴(の類)情報も載るイジメ回線」を使った例えるなら「大人版イジメサイト」(成人なのでもう犯罪該当)を使って嫌がらせされていると可能性あります。
現在、書き込みならクラウドやホームページやSNSはPCや携帯でも簡単に出来て悪用されると危険であると思え、さらに製品なら安価に作れるCDやDVDやゲームも在り悪用されると危険であり、出版物なら最近はブログを簡単に本にできるサービスも在り悪用されると危険であり、これらのように昔に比べサービスが安価や無料で利用できる物が多く出てきており、それらを簡単に悪用できる現状考えますと、早急に、
「人権擁護法(酷い場合は令状無しに機関の方が家宅捜査できる権利・国連に助けを求められる個人通報制度※ア)」の制定、施行が必ずあって欲しいと思っております。

2012年4月27日(金)

「あむねす水戸での人権に関する映写会」

去る、2012年4月15日(日)にお誘いあり、あむねす水戸での人権に関する映写会に行って参りました。

今回は二時間早く、スタッフの一員?として参加し会場作り等のお手伝いもさせて貰えました。この様な参加は以前本部に勉強しに行かせて頂いた際に、とある方の色紙の貼り絵に参加させて頂いた時以来であり嬉しくも思えました。

今回の映写会は、ボランティアにおける人権問題に関する映像であり、数日前に毎日新聞の記事にも掲載された映写会です。今回は撮影された方々もこられて意見交換の時間もありました。

内容は、日本にいるアジアの主にミャンマーの難民の方々が、ボランティアとして震災の東北の地に行った際のドキュメンタリー映像で、ボランティアに関するそれぞれの立場での問題や想いについて語るシーンも多くあり思っていたよりも長編でありました。

私は、海外の方なのに日本語で上手に会話する方々を見て、別の国に来て生活をし、さらに二ヶ国語を喋られるスキルを持ってられる海外の人々を見て、通常会話の英語もろくに喋れない私としては、その方々スキルに気づいた際にとても感心させられ、人を大雑把に見かけで判断するのは注意が必要で、私も頑張らないといけないなと思わされました。

日本は島国であり、昔から大陸続きのいろんな人種がいらっしゃる国々と比べ、もしかすると海外の人々に対して未だ慣れておらず、珍しく思うこともありそうで、その際に必要以上の警戒心やいろんな考えをも抱いてしまいがちかも知れませんが、人権は憲法のもとで平等を言われており、その考えを忘れてはいけないなと思いました。

以上になります。来月も参加予定です。


追伸
残念な事に、映像の鑑賞の際に私は今までにない酷い被害もあり、詳細理解難しい所もあり、映像を再度ゆっくり鑑賞できればなと思っております。

2012年4月26日(木)
堀江 一敬

このページのトップヘ