DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

環境

地方で電波塔や基地局の問題が起きているのに、電波塔や基地局の周囲に住む人々にその情報開示と説明や、何かあった時の対応や緊急連絡先などの説明も一切無いのは何故か?
重要施設でも住む住民には関係ないです。開示や説明が必要です。

※基地局や電波塔に飛んで行く際に、そことの間にいる人や建物に影響の恐れ。

データ通信や携帯を電車内や公園などで座って行う時、近くに立ってる人が居た場合は?

坂道の上に電波塔や基地局等があり、そこに飛んで行くときに坂にいる人や建物に影響がありえる恐れは?

この様な恐れがあると考えられる。

20110508


【09/20改訂】
■国は「電磁波(電波)環境問題」を、今までの「年金問題」や「有害タバコ問題」と同じように考えて、同じ事を繰り返さないように、早期に以下の様な対策に取り組んでください。


○年金問題=電磁波(電波)の管理問題。(2011/9/10修正)
○有害タバコ問題=電磁波(電波)によるガンなどの健康問題。
と置き換えて考えて下さい。

特に、最初タバコは体に影響は無いと言われていたのに、何百年もの間にだんだん体に有害であるのが認められ、「私はタバコを吸わないのに煙を吸うのは嫌だ喫煙室を設けろ」などとも言われ始め、最後にはタバコは有害と企業に明記させ、吸う人も減少し限られてきている流れがあると思います。
これは、あまりにもタバコ会社が大きくなってきてしまい、そこから圧力もあり、なかなか認めてもらえず、認められるまでに本当に長期になってしまったものと思われます。
これに現在当てはめるなら、タバコ会社=電話・携帯電話会社だと思います。
同じ事を繰り返し、被害者を増やさない為にも、本当に早期に良い対応をして下さい。

タバコの煙と違い、電磁波(電波)はさらに見えないので、気付いたときは本当に手遅れになることも考えられ、本当に注意が必要だと思います。現在は、もし全部毒(有害)だとしても、それが周りにあるかどうか人々が気づけない状況なのです。知らないうちに全部周りが毒に囲まれていたら恐ろしいです。
毒電波テロ対策も含め、早期に電磁波(電波)を見ることができる「有視化ゴーグル」などを作り、電磁波(電波)の安全対策を進めるべきだと思います。
見えればあっという間に対策が進むと思います。


【補足】
※電波は電磁波の一種だそうです。
電波は周波数が 3THz以下(下限の周波数は規定されていない)の電磁波を指しているそうです。



(1)「国民(これから育つ子供達)の為にも、電磁波(電波)環境問題を取り上げて下さい。」


日本は世界の主要な先進国に比べて、領土が狭い為、電磁波問題が多くの人に影響すると思います。2000年頃に比べてWHOの基準値の設定があり見直されてきた様に思えますが、まだまだ本腰を入れている国々の電磁波問題の対処の仕方には追いついていないと思います。

海外では、人が集まる場所や、学校(子供が集まる所)、病院(弱い者の集まる所)の周りに送電線を無くすようにしたり、クリーンルームを設けるという様な動きもあるようです。日本は技術のある国なので幾らでも本気になれば、世界に誇る電磁波対策ができると思っております。(日弁連・電磁波問題シンポジウム参考)

子供達の成長期には、多くの細胞が分裂し増殖し大人の安定した体に近づいていきますが、その状態は大人の体と比べデリケートな体ため多くの影響を受けやすいと思われ、若いので免疫があっても電磁波の影響を強く受ければ、将来に成長するはずの体型に影響が出たり、遺伝子情報も変化が生じてしまい、その為にアポトーシス時に悪性腫瘍(腫瘍)が出来、それがガンになれば、若いので細胞増殖が多いので、あっという間にガン細胞が増殖してしまう可能性があると思います。

また長時間長期間の電磁波照射は、5〜10年間の経過を見ないとどうなるか判らない事も多いようで、酷い場合その間にガンになる確立もありえると思います。

また、最近は3G携帯などを使ったワイヤレスのさらに高速な情報通信サービスが盛んになっており、その通信伝達量の多さや電波の強さから身体への影響がないか心配しております。電磁波問題は突き詰めていけばエコ問題にも発展すると思えますので、是非、この電磁波問題を取り上げて頂ける様、お願い致します。

(※加害者には私への被害を「自分の子供(年頃の子供)」に同じ様に与えられたらどう思いますか?と何度も何度も言っております。その流れからこの文章は作成しています。)

DENEBUのブログ
(電磁波を使用した被害を受けております)
http://denebu.livedoor.biz



(2)「光化学スモッグ解消や良い空気を得る為に」と「テクノロジー犯罪被害者が苦しむ映像送信を被害を緩和する為に」、現在使われるアナログ波の使用を止めてください。


被害者が目に直接送られて苦しむ映像送信には、アナログ波が使われていると噂されています。
このアナログ波は、2011年のデジタル放送の完全化により使われなくなる予定とされていましたが、ここに来て以下の様に使う話が進められているようです。

(参考)
携帯端末向けマルチメディア放送
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/mobile_mult imedia_broadcasting/#backToPagetop

携帯マルチメディア放送の公開説明会、ドコモ・KDDIが激論
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100903_391576.html

携帯端末向けマルチメディア放送の受託事業者 ドコモ陣営のmmbiに軍配
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000042-zdn_m-mobi

携帯向け新放送、ドコモ陣営に免許
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20100910-00000007-jnn-bus_all


アナログ・デジタル周波数帯域
http://monpe.cliff.jp/computer/others/env_200610110.html

地上デジタル放送 【digital terrestrial broadcasting】
http://e-words.jp/w/E59CB0E4B88AE38387E382B8E382BFE383ABE694BEE98081.html


アナログ波は、デジタル波よりも周波数域が低く波長が長い為に、デジタル波以上に高い空の上から低域に降りてきやすいと思われます。
という事は電波の入りは良いですが、体に触れることも多く、体に影響も受けやすいと思われます。
デジタル波はデジタル波で影響はあると思いますが、アナログ・デジタル波の両方を監視や防御するより、デジタル波1本に絞り、監視・防御・改善していった方が将来の為に有効かと思います。
(携帯電波も安全面の研究や管理や改良などがしやすいように、いくつもある帯域に分散させずに、安全面が多い周波数帯に纏めるようにして頂きたいです。現在は、800や1500などが複数使われていて、どちらかにした方が実験や対策や改良が楽だと思います。)

兎に角、映像送信で苦しんでいる被害者としては、もうアナログ波は使ってほしくありません。
念のため、デジタル波は映像などが圧縮されており、周波数帯も違うので、目に直接移ることはないと思われます。

さらに、一般の方々へのメリットも大きく、大きな帯域のアナログ波の上空の層が空くと、空気の通りが良くなり、光化学スモッグ、温暖化などが防げ、環境がよくなるのでないかと期待しています。

ぜひ、「アナログ波停止について」、再度、状況分析と調査と検討をお願いします。

【備考】
※もし仮に重要性があり先のマルチメディア放送をやるのなら、以下の案も提案します。
デジタル波で携帯電話向けのマルチメディア放送をやり、携帯の優位性の為に携帯でしか受信できないようにすれば良いと思います。
また、フルセグは出力が強いために、人の居る高さになかなか降りてこず携帯で受信しにくいと聞きますが、これらは改良や、JRの駅やコーヒーショップ、ファーストフードなどにも電磁波が漏れないようにされた、HOTSPOT室(喫煙室)見たいなものを各所に設けて、高速ダウンロードなどが可能なアクセスを実現させればいいのではないかと思います。電車内では減らすか、やるなら電車でデジタル波を受信し、各車両に回す方式がいいのではないでしょうか?

(以上、音声送信の情報も参考にしています。)



(3)さらに光化学スモッグ、電磁波問題、温暖化などが防げ、大気や空気がきれいな環境にする為にも、デジタル波の送信も無くし、有線の光回線でテレビ番組も提供するようにして下さい。


光回線を各世帯必ず一本通わせ、光回線で止まらない安定した映像提供(テレビ番組も含む)ができるまで技術を高めるべきです。その方が光回線の技術情報が蓄積でき、未来の高速伝達システムの技術開発が進むと思います。
電磁波や自然の環境問題も考えても有線が良いと思われます。光、LTEプランを優先にして開発して欲しいです。

デジタルテレビを、光のケーブル有線でテレビ配信で行うと、大気にアナログ波・デジタル波、両方をなくす事ができ、電波の監視が楽になり無駄使いも見直せ、電磁波環境や大気や空気をよくできると思います。
また各家庭の家の屋根の上のアンテナも無くなり、美しい家や美しい街並みも作ることが出来ると思います。
ただ、国民全体がアンテナや特定の受信端末を使わなくなる可能性もあり、アンテナ機器や受信端末を作っている企業やメーカーには、国からご理解と適切な対応をお願いしたいです。

現在は、電磁波問題、身体への影響問題が不明などを考えると、クラウドはWIFI環境のある所、HOTSPOT、自宅、お店(飲食店や大きなお店)、休憩場所などに固定すべきだと私は思っています。そこを強力な環境にすべきだと思っています。案としては各所に、喫煙室と同じに強力な電磁波を使う人は専用の部屋か、電磁波から身を守るクリーンルームを設置すべきだと思います。

携帯メーカー、コンテンツメーカー(ゲームメーカーなども)からしたら、どこでもハマって、どんどん利用して、どんどん売れて、サービスがこなれて欲しいとは思うと想像します。

しかし、例えば、一人が携帯やゲーム機にのめり込み見ながら歩いてきて、前を見ないので自転車などともぶつかりそうになる事を考えてみてください。
それが10人、100人、1000人、例えば朝の新宿駅辺りの人が全員、下を向きやりながら歩いていた時の事を想像してみてください。世も末です。

世間から見たら変な目で見られ、携帯・ゲームやる人は不快に思われ、携帯とゲーム機も印象を悪くし、海外から見ても異質な目で見られることと思います。

その人たちは、街の四季の変化も気付かず、新しい店も気付かず(入らず・利用せず→街が発展せず)、人の顔も見ず、外にも外出せず、社会も見ずと、自分の世界に閉じこもってさらに今より異質な人になったりしないでしょうか?

さらに、電車内も今は音楽の音漏れも皆気になり、カナル型のヘッドオンが流行っているくらいなのに、ゲーム機にエキサイトしバシバシボタン音を立てていたら、将来間違いなく不快で文句を言われ、禁止などの対策がされると思います。

現在、私もあまり人の事は言えませんが、先の様な事になる事を考えると、時と場所を選んで行うと言うモラル、マナー、エチケットなどを考えるべきだと思います。

それは現在は、
1、有線世代社会
2、無線世代社会(どこでもつながってスゲー)
3、有線+無線で環境までも考慮した世代社会
との進化中の、2、の過渡期に当たっていると私は思います。いずれ社会は、3、になっていくと思われます。
(例えとして、ハリウッド映画の3部作を思い出してみてください。2で激しく(戦争)になり、3で精神や意識の問題を語り描いてませんか?)

公共の場や機関での、常時接続、強い電波の接続だと、初めに記したように、「私は電磁波当たりたくないのに、電車に乗っている人が皆使うので、電車に乗れない、公共機関を使えない」などとのタバコ問題に似た問題が後に出てくると思います。
それは、下に記す「(4)寝る前のダウンロード接続案」の様な対応をし、本当に究極は通信無しのビュアーに徹するべきだと思います。

また、HOTSPOTについてですが、さらに大きくして、みんなが集まる寄り合い所みたいにして、唯でさえ他人との交流やコミニュケーションが少なくなり個人の携帯やゲーム機に集中する様になっている傾向を見直し、みんなでコミニュケーションを取りながらワイワイガヤガヤ楽しめる施設を増やしていった方が長い目を見て良いと思います。
そこに、ゲームの名人や携帯電話やPCのメーカーの人が居て教えてくれる、聞きたい情報が判る、携帯やパソコンのサービスなどを教えてくれる人が居るなどのサービスを提供するのが良いと思っています。



【09/20 追記】
さらに付け加えるとアナログ回線の電話も全て光電話にしてしまって欲しいです。
そして、光回線でテレビやインターネットや電話など全てを行い、そこのセキュリティーや安全を本当に頑丈にして守る方が楽だと思います。(念の為、携帯電話の回線は別に確保されているはずですので、何らかの場合はそちらの利用もできます。そちらのセキュリティもさらに安全にして欲しいです。)
そこだけを見れば他人が個人情報を覗いている、覗かれているが判るので、安全の監視が楽だと思います。
(例えば、「そこのIPアドレスなんで他人が複数でみているの?」などすぐ判る。)

これが実現すると送電線には、電力線と光回線だけになり、今まで沢山あった電線の線が少なくなり、とてもメンテナンスや安全の監視が簡単になると思います。
また光回線の安定と安全性については、データ送信量が一本では足りなくなるかもしれないので2本以上持ち、通常は全て使い、1本が何らかの原因で使えなくなったら、もう片方の線が主回線となり、やり取りが低速でも継続できるとさらにライフラインの安全な確保が出来ると思います。(使えなくなった場合に画面には、「光回線1が使えなくなりました。早期の普及が必要なのでOOO−OOOOにお電話下さい。」などと表示するといいと思います。




(4)「寝る前のダウンロード接続案」の勧め。


基本は明日の仕事(学校)用意をする時に一緒に、「ヨル(ネル)ダウの流れ」と言うのはどうでしょうか?

例えば、各々の携帯メーカーで「ヨル(ネル)ダウサービス」と言うのを始め、「ヨル(ネル)ダウリスト」と言う、オールダウンロードリストを作れるようにし、寝ている時にダウンロードしたい物を全てダウンロードするようにします。

・ニュースは夜中に朝刊ができたら自動ダウンロード。昼間必要な時は追加で最低限の差分インターネット閲覧または、昼休みダウンロード。
・テレビ番組は、多くから選んでおくと、前の日の好きな番組をダウンロード。(前日か2日前の物)
(学校や会社が忙しく見れなかった時の番組も、携帯に録画され何時でも見れるので、仲間との会話の話についていける。話題も作れると思います。テレビも現在は生は少なく事前に録画されたものを放送されているようで、視聴者には色んな生活パターンを持った人も増えているので、その様な番組の消化の仕方もいいのではないかと思います。またいずれ必要であれば有料化も出来るメリットもあります。(テレビ番組各々がDVD(ダウンロード)販売)。
・音楽は好み。
・漫画も好み。
・ゲームも好み。
・アニメも好み。
・映画(2時間)も一本分。
・TWITTERの好みの人の更新分。
などです。

そして、電車ではダウンロードしたものを見るようにすれば、無駄な電波は飛ばず、環境が優しく、人々も楽しめると思います。要はビュアー端末です。

おそらく、情報量が多くファイルサイズが大きいコンテンツは電車内でのダウンロードはうまくいかないと思います。途中でコケたり、端末がフリーズしたりして、最初からになり、そのうち駅に着いてしまったり、嫌になったりする事が続出すると思います。

この様なビュアー端末案を勧めて欲しいです。


(5)送電線も健康に影響があると言われています。見栄えも悪いので、全て地下に埋める方式にして、安全でくつろげる、美しい街並みの実現をお願いします。(送電線問題)

最近は送電線が見栄えが悪いと言われ、大都市や主要なところで地下に埋める傾向が多くなっていますが、一つ道を裏に入ると送電線は至る所に走っています。特に人が集まる公共の場や長い時間居る住宅地などにはあっては欲しくなく地下に安全に埋没しておいて欲しいと思っています。
注意としましては、きちんとシールドや地盤を考えないと、逆に人に近い場所に配置されたり、長期で地盤が緩んだり、土壌汚染も考えられるので、きちんと念入りに対処して欲しいです。


(6)最後に
電磁波犯罪の被害者(電磁波の悪用の怖さを知る者)としては、「電磁波(電波)が安全で便利でやさしい社会環境」になって欲しいと願います。本当に再度調査やお話し合いや取り上げをお願いします。



最後に、もう一度記します。

■国は「電磁波(電波)環境問題」を、今までの「年金問題」や「有害タバコ問題」と同じように考えて、同じ様な事を繰り返さないように、早期に対策に取り組んでください。


○年金問題=電磁波(電波)の管理問題。(2011/9/10修正)
○有害タバコ問題=電磁波(電波)によるガンなどの健康問題。
と置き換えて考えてください。

特にタバコは最初は体に影響は無いと言われていたのに、何百年もの間にだんだん体に有害であるのが認められ、「私はタバコを吸わないのに煙を吸うのは嫌だ喫煙室を設けろ」などとも言われ始め、最後にはタバコは有害と企業に明記させ、吸う人も減少し限られてきている流れがあると思います。
これは、あまりにもタバコ会社が大きくなってきてしまい、そこから圧力もあり、なかなか認めてもらえず、認められるまでに本当に長期になってしまったものと思われます。
これに現在当てはめるなら、タバコ会社=電話・携帯電話会社だと思います。
同じ事を繰り返し、被害者を増やさない為にも、本当に早期に良い対応をして下さい。
タバコの煙と違い、電磁波(電波)はさらに見えないので、気付いたときは本当に手遅れになることも考えられ、本当に注意が必要だと思います。現在は、もし全部毒でも、人々が気がつけない状況なのです。知らないうちに、全部毒だったら恐ろしいです。
テロ対策も含め、早期に電磁波(電波)を見ることができる「有視化ゴーグル」などを作り、電磁波(電波)の安全対策を進めるべきだと思います。
見えればあっという間に対策が進むと思います。

【補足】
※電波は電磁波の一種だそうです。
電波は周波数が 3THz以下(下限の周波数は規定されていない)の電磁波を指しているそうです。

以上、宜しくお願いします。

DENEBUのブログ(被害日記)
http://denebu.livedoor.biz

E-MAIL:
denebu7@gmail.com





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【過去の投稿】
September 10th
○素朴な疑問
ビジェットにCPU、RAMのメータはあるのに、現在の回線速度のメータがないのはなぜでしょう?
絶えず、100M、50M出ている訳ではないので、目安で知りたいです。
ダウンロードが遅い時、回線速度のメータも遅かったら安心すると思います。
(殆どの人が、100M、50MはMAXの値で、何時も出る訳ではないのは解って来ていると思います。常時を目指して欲しいですが・・・)

このページのトップヘ