<重要!電磁波による体の不調、痛み、気分が優れない気持ちなどを感じて困っている方へ>
・1年以上、電磁波被害を受け続け、対抗策をいくつか試しているうちに、
いくつか策がわかりました。

○体に痛みなどを与える場合
その人の周りにある、電化製品、金属類(メガネや携帯、鍵、ボールペン、その他部屋にある金属を含むもの)などに、
電磁波を長時間当て、そこを帯磁(帯電)させ、
そこから周りに強い電磁波を飛ばし、それを人に当てて痛み等を与えることが多いようです。

○対応策
(1)体に痛みや気持ちに不快感を感じてきたら(その前でもいいです)、身の周りにある電化製品や金属類に、
霧吹きやウエットティシュやぞうきんなどで、少し水分を与えてみてください。
一瞬で、痛みが取れ、気持もやさしい気持ちになるのを感じ取れたら、
先の電化製品や金属類経由で嫌がらせをされている可能性大です。
(電化製品は水分をかけすぎないようにして下さい。ショートに気をつけください。)
(2)体の痛みを感じている部分に、霧吹きやウエットティシュなどで、水分を与えてみてください。
それで、痛みが和らぐ時がありましたら、体に向い、電磁波を当てられている証拠です。

○対抗策の実験結果
体に痛みや不快感を与えるのに、電化製品や金属類経由が多いのが、
1年以上の経験で分かりましたが、
特に体に痛みや不快感を与える可能性があるものに電化製品があります。
それは、パソコン、テレビ、冷蔵庫、エアコン、携帯電話、電源タップ、電源コード等の、 長時間つけっぱなしだったり、省電力モードで、電源を落としていても、
微弱な電気が流れているものです。

試しに、それらに水分を与えたり、電源を落としたりすると、
痛みや気分の優れなさが、一瞬で無くなる事があると思います。
簡単なので、一度是非、試してみてください。

O原理
原理的には、水分や金属、電磁波を多く発生するものに対して、(嫌がらせに使われる)電磁波は、
吸い寄せられる傾向があります。(電気なので) その為、電磁波を利用して被害者の体に痛み等を与えている場合、
近くに水があると、どうしても電磁波がそっちに行こうとしてしまい、
被害者の体に電波を狙い当てるのが、難しくなる。と言うのを利用したのが、今回の対抗策です。

また、電化製品や金属を利用して、体に痛みや気分の優れなさを与える場合、
その電化製品や金属を、一度、電磁波を長時間当てて、帯磁させてからでないと、
それを経由し、周りに電磁波を飛ばすことができません。
ですので、電磁波が集まりやすい物体を利用される事が多いのです。
ですので、常日頃から、ぞうきんやウエットティシュなどで、掃除もかねて、
電化製品や金属類に水分を与えておけば、知らない間に、長時間、電磁波を当てられ続けて、
物体が帯磁するのを防げ、痛みや気分の優れなさを与えられる事が減ると言う事です。

O電磁波を強く発生する家電が利用され危険
電磁波を測定する機械があれば、それが分かるので、一度測定してみてください。
ちなみに私の家で電磁波が多かったのは、
○電子レンジ
○テレビ
○エアコン
○携帯電話(!)
O電源タップ(スイッチがついている物も危ないです)
O電源コード
○パソコン
1番:ACアダプタ
2番:本体
3番:モニタ
4番:有線レーザーマウス
5番:USBハブへのコード
6番:電源コード
などのずっと通電することが多い製品です。

O電気量販店、携帯ショップ、職場などに電気が通る製品を多く置いてある方へ
※そのエリアやフロア、部屋などに気持ちになんとなく「どよ〜ん」とした不快感を感じたり、
体の不調、痛みを感じたりする場合、
一度、製品の電源を落として、それらの物に水分を与えるのをお勧めします。
なんとなく「どよ〜ん」とした気持ちを感じる場合、
通電している製品や周りの金属が長い時間を経て、強く帯磁している可能性があります。
(製品や周りの金属が、例えると、なぜか、カサカサして乾燥している感じで、製品の潤いが無い感じ)
どうぞ、それらの製品や金属に水分を与える事をしてみてください。
一瞬で気分が和らぐ事があると思います。
騙されたと思って一度、水分などを与えてみてください。
(ぞうきんなどで水ぶきがお勧めです)