DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

犯罪被害

2010/06/02-2 WED 
【改訂4】【人体実験は安全じゃないです。安全基準SAR値外です。】
 
テスターで体を計ると異常値が出たり、意識障害や腹痛などの体調変化が出る時点で、安全基準のSAR値を遥かに越えている模様です。
 
 
SAR(比吸収率)は、体内への電力の吸収率ですが、電磁波を一定以上を与えると、体の表面に残ったり(テスターで計測可)、脳や体の内部に浸透したままになり、体調が悪くなったり、電磁波刺激によるコントロールが可能なってしまうと思われます。
(脳を一定帯電させると、その後、何も手を加えなくても、一定時間、思考盗聴の情報収集力がアップし的中率が上がる様になったり、長い間脳の帯電が取れず意識障害が続いたり、体も同じ様に内蔵まで染み込む?と中々帯電が抜けず体調が悪い状態が続くのを、幾度も経験しています。)
 
 
要は、この実験は安全じゃなく体に何かしら害が出てしまう確率高いです。
 
 
※音声送信もフレア現象(脳内音声モード)や聴覚帯電(近くで鳴る特定の音を、聴覚を帯電させコントロールし聞こえやすくする状態)が出る時点で、アウトと思われます。
※聴覚帯電させないと、聞こえる音量ではないとの話もあります。
※映像送信も、目や視覚に携わる機関を異常帯電(普通では有り得ない状態に)させないと駄目なはずです。
 
 
 
 
※刺激作用でも、作用すれば血流を低くする変化も与えることが出来ると思われ、血圧が下がったら体が影響を受けていることです。血圧が低いと免疫力の低下などが起き(風邪、下痢、病原菌に負けてしまうなど)、色んな影響が体にでると思われます。
「低血圧(低い血圧)くらい大丈夫だろう?」は誤りで、それでは例えば24時間、低血圧状態(例えば貧血)が続いたらどうなるのでしょうか?
 
また高血圧の人は、逆作用で血圧が上がってしまっては危険なはずです。
 
 
 
「取り返しのつかない大きな被害が出る前に、終わりにして下さい!」
 
 
 
「早く終わりにして下さい!」
 
 
 
 
 
(さらに確認します。)
 
 
 

71dbd28b.jpg

b6f74ff5.jpg

7e7cf8c3.jpg

▼頭など体の電圧異常を計測。
2009年9月の被害時に比べて、
最高およそ60倍以上に
 
 
※写真は上から、
1、ムービーから切り出した最高値。
2、計測ポイントより少し上の後頭部。
3、ムービー撮影後、後頭部を再度計測。およそ2倍の値の時。
 
1、の写真が問題の0.200V前後の値を指した時。
 
これだと、2009年9月に、頭に弱いまわらなさを感じた時が、0.003Vだったので、およそ60倍以上の値に。
 
 
これらは太い電磁波を細くして威力を上げている可能性あり。
道理で、すぐに具合が悪くなったり、治ったりする訳だと察した。
 
恐ろしい。
こんな電磁波の長時間極細電磁波連続照射では、威力が集中した小さい細胞がガン化する確率が高いと思われ、ガンになるのではと不安になる。
 
加害者はキチガイだ。すぐに止めてほしい。
 
もう他の人にも絶対に当てず、安全基準を出してもらいたい。
 
無断人体実験のこの場合のSAR値の提示を求む!
 
 
 

関係者様各位へ

 

■「統合失調症」とは別に、

「テクノロジー犯罪」や

「人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカー・ガスライティングなど)」

と言う犯罪や被害があります。

認知とご理解をお願いします。

 

 

(1)「統合失調症」と「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカーなど)」の両方のバランスの取れた認識をお願い致します。

(2)「テクノロジー犯罪」とは最新の技術を使い、電波や電磁波を用いて、遠方のターゲットに音や声を飛ばし被害を与えたり、遠方のターゲットの体に体調変化(痛みや体調不良含む)の被害を与えたり、脳波マウスの様に、思考を読み取られたり、操作されたりする被害であります。これらの元は、医療用の技術を悪用したものと言われております。

(3)「人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカー)」のキーになる、ガスライティングと言う嫌がらせの手法」の存在と理解もお願い致します。(海外が発祥の地の様です)

(4)「テクノロジー犯罪・ガスライティング」は、被害者が「統合失調症」と周りに誤認識されるように行われる犯罪と被害であり、被害者の相談を受ける方が、この犯罪や最新の技術を知らないと、「統合失調症」と判断してしまう事があります。

(5)茨城県では15名ほど、この被害者が確認されております。

(「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」と言う被害者団体の方で確認)

(6)これら電磁波や電波による影響と被害者は、仕事場や家庭でも、電気機器やインターネット、携帯電話などが、これからも発達していくので、多くなっていくと思われます。

(7)医療(精神医療)やデイケア、介護などに関わる方々には、「統合失調症」と「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ(集団ストーカー・ガスライティング)」の両認識を持って頂いて、苦しむ患者様に適切なアドバイスをし、早期に患者様の問題解決に結びつけられるようにお願い致します。

 

 

【テクノロジー犯罪について】

 

被害は昔からあり、特に10年前ほどから、携帯電話の発達(情報伝達スピード・量、電波塔・アンテナなどの通信施設の建設)やGPSの利用が進むに連れて合わせるように、この犯罪の被害者が増えています。

 

これらに対しては、まず、既に米国では禁止判決あり、裁判で禁止命令が出た判例があります。

さらにヨーロッパでは、「非殺傷兵器」として対策を含めたシンポジウムが開かれおり、フランス、米国、ロシアなどの大国では、国や立場がある人がその存在を認め、公的な対応をしています。

 

日本の被害者数は、被害者団体の確認だと現在、600人以上確認されています。

ただ、他にも確認ができない、「自分がこの犯罪にあっていると分からない被害者、何の病気か分からない被害者、または統合失調症と思っている被害者」が数多くいると思われ、その数は、もしかすると、2倍、5倍、10倍になるかも知れません。

 

この犯罪は、「新しい武器を使った新しいタイプの犯罪と被害」であり、現在、この犯罪に対する国の、法整備や人権問題での取り上げ方が甘く、各省や弱者を守る警察などの行政が動けなく、適切な処理ができない状態です。

主要な先進国では、日本だけがこの様に対応が遅れていると言われています。

これらが、10年以上前から問題が存在するのに、マスメディアが新興宗教団体の絡みで一斉取り上げなかったり、いつまでも国が対応しないのは、「技術だけの新しい犯罪や人権に疎い国」とも言われかねない、由々しき事だと思っています。

 

 

【統合失調症と間違われる「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ(ガスライティング)犯罪の症状」】

 

(1)その人しか聞こえない音や声被害

→「音声送信」・メンタル面に影響する声や音の騒音被害であり、「幻聴」と誤認識されやすい。

(2)その人しか見えない映像被害

→「映像送信」・「幻覚」と誤認識されやすい。

(3)その人しか感じえない身体攻撃被害

→体に痛みを覚えたり、体の体調が変化する(悪くなる)被害であり、「電磁波過敏症」や「精神的な病から来る痛み」と誤認識されやすい。

(4)その人しか知りえない嫌がらせ被害

その人しか気付かない、日常生活の平常時と状態が違う、「周りの人の言動や仕草」「その人より上の立場の者を使ったその人のコントロール行為」などの繰り返しにより、精神を病ませる被害であり、「被害妄想」や「疲れ」と誤認識されやすい。

 

 

2010/03/19(FRI)

このページのトップヘ