DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

犯罪被害

関係者様各位へ

 

■「統合失調症」とは別に、

「テクノロジー犯罪」や

「人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカー・ガスライティングなど)」

と言う犯罪や被害があります。

認知とご理解をお願いします。

 

 

(1)「統合失調症」と「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカーなど)」の両方のバランスの取れた認識をお願い致します。

(2)「テクノロジー犯罪」とは最新の技術を使い、電波や電磁波を用いて、遠方のターゲットに音や声を飛ばし被害を与えたり、遠方のターゲットの体に体調変化(痛みや体調不良含む)の被害を与えたり、脳波マウスの様に、思考を読み取られたり、操作されたりする被害であります。これらの元は、医療用の技術を悪用したものと言われております。

(3)「人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカー)」のキーになる、ガスライティングと言う嫌がらせの手法」の存在と理解もお願い致します。(海外が発祥の地の様です)

(4)「テクノロジー犯罪・ガスライティング」は、被害者が「統合失調症」と周りに誤認識されるように行われる犯罪と被害であり、被害者の相談を受ける方が、この犯罪や最新の技術を知らないと、「統合失調症」と判断してしまう事があります。

(5)茨城県では15名ほど、この被害者が確認されております。

(「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」と言う被害者団体の方で確認)

(6)これら電磁波や電波による影響と被害者は、仕事場や家庭でも、電気機器やインターネット、携帯電話などが、これからも発達していくので、多くなっていくと思われます。

(7)医療(精神医療)やデイケア、介護などに関わる方々には、「統合失調症」と「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ(集団ストーカー・ガスライティング)」の両認識を持って頂いて、苦しむ患者様に適切なアドバイスをし、早期に患者様の問題解決に結びつけられるようにお願い致します。

 

 

【テクノロジー犯罪について】

 

被害は昔からあり、特に10年前ほどから、携帯電話の発達(情報伝達スピード・量、電波塔・アンテナなどの通信施設の建設)やGPSの利用が進むに連れて合わせるように、この犯罪の被害者が増えています。

 

これらに対しては、まず、既に米国では禁止判決あり、裁判で禁止命令が出た判例があります。

さらにヨーロッパでは、「非殺傷兵器」として対策を含めたシンポジウムが開かれおり、フランス、米国、ロシアなどの大国では、国や立場がある人がその存在を認め、公的な対応をしています。

 

日本の被害者数は、被害者団体の確認だと現在、600人以上確認されています。

ただ、他にも確認ができない、「自分がこの犯罪にあっていると分からない被害者、何の病気か分からない被害者、または統合失調症と思っている被害者」が数多くいると思われ、その数は、もしかすると、2倍、5倍、10倍になるかも知れません。

 

この犯罪は、「新しい武器を使った新しいタイプの犯罪と被害」であり、現在、この犯罪に対する国の、法整備や人権問題での取り上げ方が甘く、各省や弱者を守る警察などの行政が動けなく、適切な処理ができない状態です。

主要な先進国では、日本だけがこの様に対応が遅れていると言われています。

これらが、10年以上前から問題が存在するのに、マスメディアが新興宗教団体の絡みで一斉取り上げなかったり、いつまでも国が対応しないのは、「技術だけの新しい犯罪や人権に疎い国」とも言われかねない、由々しき事だと思っています。

 

 

【統合失調症と間違われる「テクノロジー犯罪・人的嫌がらせ(ガスライティング)犯罪の症状」】

 

(1)その人しか聞こえない音や声被害

→「音声送信」・メンタル面に影響する声や音の騒音被害であり、「幻聴」と誤認識されやすい。

(2)その人しか見えない映像被害

→「映像送信」・「幻覚」と誤認識されやすい。

(3)その人しか感じえない身体攻撃被害

→体に痛みを覚えたり、体の体調が変化する(悪くなる)被害であり、「電磁波過敏症」や「精神的な病から来る痛み」と誤認識されやすい。

(4)その人しか知りえない嫌がらせ被害

その人しか気付かない、日常生活の平常時と状態が違う、「周りの人の言動や仕草」「その人より上の立場の者を使ったその人のコントロール行為」などの繰り返しにより、精神を病ませる被害であり、「被害妄想」や「疲れ」と誤認識されやすい。

 

 

2010/03/19(FRI)

【禁止判決(判例)の重要性2】
一般の人達には、被害の酷さは、唯でさえ見えない武器、解りにくい犯罪と被害の為、よく伝わらなく、このまま行けば大したことない被害と誤認識され言われてしまうかも知れない。
(体験が難しく解らない)
そうすると被害の酷さが伝わらず、再犯や模倣犯をされる恐れが非常に高い。
長い目でみれば、5年、10年後、「新しい見えない媒体」による犯罪がまた起き得てしまうかもしれない。
 
また被害者は、加害者が非常に憎く、どの罪がどれくらいの刑になって、加害者は死んでくれるのか?どれくらいの慰謝料になるのか?
知りたいし訴えたいと思ってると思う。
(被害者はそろぞれ条件が違う。私と同じとは限らない。)
 
そう言う人や世の未来の為にも、禁止判決(判例)と法律改正が必要だと思っています。
 
 
 
【禁止判決(判例)の重要性】
一人でも捕まり裁判がおき世間に、その犯罪の全容や仕組み、なぜこれらが強要罪・脅迫罪・暴行罪・傷害罪・猥褻罪・電波法違反・共同正犯・教唆犯・従犯になるのかが伝わらないと、また加害者自身が罪に刑を受け公になり、本当に痛い目を見ないと、同じような犯罪がまた繰り返される非常に可能性があるからです。
 
同じ犯罪とは、テクノロジー犯罪と人的嫌がらせ犯罪、そしてそれらを使った組織的犯罪です。
 
加害者が一人も挙がらなければ、また再犯される確率が非常に高く思えます。
(加害者は私に謝ることもあるのに、次の日には忘れて犯罪を再開しています。全く言葉に心がないです。)
 
800日以上被害が続き(通院することもあるほど)、こんなに苦しい思いをしたのですから、全く犯罪を知らない人が対応できる問題ではないと思え、ターゲットになった方は苦しさから死を選ぶ人もいると思います。
 
世に広まれば、誰でもターゲットになり、証拠も残りにくいこの犯罪は、多くの犠牲者を出すと思います。
 
情報も無しに、だれがGPSやローカルからの見えない媒体を使った攻撃と気づくでしょうか?
恐らく誰も気づけず、どこに行っても被害を受け、病んで通院するだけだと思います。本当に恐ろしい犯罪です。
 
 
そのような人を防ぐためにも、必ずきちんと禁止判決(判例)を出す必要性があると思います。

【禁止判決の重要性】
 
一人でも捕まり裁判がおき世間に、その犯罪の全容や仕組み、なぜこれらが強要罪・脅迫罪・暴行罪・傷害罪・猥褻罪・電波法違反・共同正犯・教唆犯・従犯になるのかが伝わらないと、また加害者自身が罪に刑を受け公になり、本当に痛い目を見ないと、同じような犯罪がまた繰り返される非常に可能性があるからです。
 
同じ犯罪とは、テクノロジー犯罪と人的嫌がらせ犯罪、そしてそれらを使った組織的犯罪です。
 
加害者が一人も挙がらなければ、また再犯される確率が非常に高く思えます。
(加害者は私に謝ることもあるのに、次の日には忘れて犯罪を再開しています。全く言葉に心がないです。)
 
800日以上被害が続き(通院することもあるほど)、こんなに苦しい思いをしたのですから、全く犯罪を知らない人が対応できる問題ではないと思え、ターゲットになった方は苦しさから死を選ぶ人もいると思います。
 
世に広まれば、誰でもターゲットになり、証拠も残りにくいこの犯罪は、多くの犠牲者を出すと思います。
 
情報も無しに、だれがGPSやローカルからの見えない媒体を使った攻撃と気づくでしょうか?
恐らく誰も気づけず、どこに行っても被害を受け、病んで通院するだけだと思います。本当に恐ろしい犯罪です。
 
 
そのような人を防ぐためにも、必ずきちんと禁止判決を出す必要性があると思います。
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ