DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

重要

■「位置情報を重要な個人情報として扱う法案」を通して下さい。

テクノロジー犯罪被害の被害者の間でGPSによると思われる、突発的な意識障害が身体の麻痺などの被害の噂が在ります。おそらくこれらは端末に当てるべきGPS電波が身体に当たってしまっていることから起きることと思われ、これらが万が一本当であるならば、最近の京都の凄い惨な事件の際にも、被告が同様の状態になっていた確率があります。

GPSは元々軍事衛星であり、どんな仕様変更が何時あるか分からない危険な衛星と思われます。
私も今までにも、GPS携帯を持っている手がピリピリ痺れたり、吊りそうになったこと、関連は謎ですが意識障害や身体の麻痺の症状もが出た事もあります。また、さらに最近おかしいことに、以前は建物内に居る際に以前は電波が届かないマークが出て使えなくなっていたのに、現在、GPSが建物内で使えている状況が出てきており、もしかすると秘密裏に仕様変更があったかも知れなく不安です。
さらに不安なことにGPSの回路は場合により、電源が入ってなくても帯電させるのを持続できれば、追うことが出来る噂も御座います。

既に日本では、携帯電話端末にGPSの機能の義務づけがされておりますが、もし先の様に位置情報が間違ったり、悪用された場合のことを考えると、携帯にGPS回路などの機能搭載を選ぶか非搭載を選ぶか、国民が購入する際、選択予知があるようにして頂きたいです。
またさらに位置情報そのものを、個人の重要な個人情報として扱う流れを、国民に推して頂きたいです。

是非とも、同様の凄惨な事件などが起きないようにする為にも、これらをご検討下さいませ。

2012年4月30日(月)
堀江 一敬 with で & ふ




誤:
アドバイスや守る等もお気持ちだけで一切結構です。警察などに連絡いたしますので(念)。
正:
アドバイスや守る等もお気持ちだけで一切結構です。何かありましたら警察などに連絡致します(謝)。

「あむねす水戸での人権に関する映写会」

去る、2012年4月15日(日)にお誘いあり、あむねす水戸での人権に関する映写会に行って参りました。

今回は二時間早く、スタッフの一員?として参加し会場作り等のお手伝いもさせて貰えました。この様な参加は以前本部に勉強しに行かせて頂いた際に、とある方の色紙の貼り絵に参加させて頂いた時以来であり嬉しくも思えました。

今回の映写会は、ボランティアにおける人権問題に関する映像であり、数日前に毎日新聞の記事にも掲載された映写会です。今回は撮影された方々もこられて意見交換の時間もありました。

内容は、日本にいるアジアの主にミャンマーの難民の方々が、ボランティアとして震災の東北の地に行った際のドキュメンタリー映像で、ボランティアに関するそれぞれの立場での問題や想いについて語るシーンも多くあり思っていたよりも長編でありました。

私は、海外の方なのに日本語で上手に会話する方々を見て、別の国に来て生活をし、さらに二ヶ国語を喋られるスキルを持ってられる海外の人々を見て、通常会話の英語もろくに喋れない私としては、その方々スキルに気づいた際にとても感心させられ、人を大雑把に見かけで判断するのは注意が必要で、私も頑張らないといけないなと思わされました。

日本は島国であり、昔から大陸続きのいろんな人種がいらっしゃる国々と比べ、もしかすると海外の人々に対して未だ慣れておらず、珍しく思うこともありそうで、その際に必要以上の警戒心やいろんな考えをも抱いてしまいがちかも知れませんが、人権は憲法のもとで平等を言われており、その考えを忘れてはいけないなと思いました。

以上になります。来月も参加予定です。


追伸
残念な事に、映像の鑑賞の際に私は今までにない酷い被害もあり、詳細理解難しい所もあり、映像を再度ゆっくり鑑賞できればなと思っております。

2012年4月26日(木)
堀江 一敬

このページのトップヘ