DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

プロフィール

「プロフィールについて」
※以下のプロフィールは、私が被害当初から世間には「精神病」と認識され、ブログや某大型掲示板に「多くの悪評(数千件)を書かれる事」や「半強制精神病院入院」など苦しい思いを幾つもして来ており、発言の信憑性を高める為に記載しています。

「説明」
私は、ニックネームは、DENEBU(デネブ)と申します。
茨城県水戸市出身と在住の46歳です。過去に、東京の大手ゲーム会社でゲームプログラマーとして研究開発の仕事を10年以上行っていた経験があります。

2006年に結婚し内原に住んでいましたが、2007年秋に被害を受け始め2007年12月完全別居。その後、実家に戻り両親と住んでおりましたが被害継続し関係も戻らず、2008年の4月に離婚してしまいました。

その後も被害は継続し、国や県や市、警察などに幾度も相談しましたが、国自体に明確な法律や条令が無い為に被害から抜け出せず、失職、離婚、入院、下血、血便、手術などの、酷い被害も次々と起きてしまいました。

これらの問題解決に向け、2009年に「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の非営利団体、その他の団体にも属しまして、多方面に相談し情報を集め、10年以上休みの無いこの酷い被害に耐えておりますが、未だ有力な証拠が無い為に解決できずにおります。

「犯罪の説明」
これらの犯罪は解りずらいですが簡単に言うならば、加害者グループに機械も使い執拗に付きまとわれ、ほぼ毎日の様に生活を四六時中監視され、毎日の様に被害も繰り返し与え続けられると言う、非常に精神的苦痛を伴う「異常な犯罪」です。

さらに私の被害はほぼ終始一日を通して、盗聴の類や違法(不要)電波送信などの被害が断続的に続き、さらに被害の強さの強弱が激しい場合も御座います。その為に「生活妨害」や「業務妨害」も酷く、安定した精神で自分の能力を生活や仕事で満足に出し切る事ができず、非常に苦しく悔しい、苦役を強いられております。
通常の国民は、監視や盗聴(の類)をされているだけでも被害であり、それだけでも生活が困難だと思います。
私は、その通常の国民が営むことのできる、監視や盗聴(の類)無き普通の生活を3年以上も営む事が出来ておりません。

これらの被害や犯罪は、証拠を残しにくい目に見えない電磁波(電波)等を使い行われ、人的嫌がらせの方も多くの人を使った犯罪であり、どちらも周囲に精神病と思わせるように陰湿に行われる為、有力な証拠が取れず苦しんでおります。

現在までの警察と弁護士にも多くの回数を相談していますが、現在の法律では、「弱い者が一番初めに頼る国の機関の警察」に、「電磁波(犯罪)被害の装備や対応がされておらず」、電磁波(電波)の数値だけでは警察や弁護士もなかなか動けない状態です。

さらに、念の為に表記しますが、私は過去にMRIや精神テストや検査を数回受けておりますが、精神に異常は全く見つかっておりません。

また、通常の病院では、電磁波過敏症など検査が設備が無く出来ず、「電磁波(電波)からによる被害の症状」と診断書が書けずに、こちらも困っております。

「これらの犯罪は実際に存在します」
これらの犯罪は実際に存在し、既に米国では、およそ3年前の2008年に裁判で、「電気的な武器」を使用した嫌がらせ(テクノロジー犯罪)に対する禁止判決が既に出ており、日本の対応の遅さに本当に苛立ちを感じております。

「この犯罪に法律が無いのはなぜ?」
なぜこれらに対して厳密な法律や条例がないのでしょうか。
これらは国が20年以上も前から、とても酷い内容の犯罪にも関わらず黙認し続け、被害と被害者の存在を認める発言を公に(全国民や全報道機関に対してして)行なわない為で、その為に20年経った今でも、国民が理解せず、犯罪を抑止する明確な法律や条例が出来てないのだと思われます。

「被害者は苦しんでいます」
被害者の気持ちは、水俣病被害者や原爆後遺症被害者などが認められた例と同じように、今すぐに被害と被害者の存在、保証が認められるのを願っている状態だと思います。

私は、国は真摯な対応と早急な対応が求められるのに、これらを黙認し厳密な法律や条例対策をしないのは我慢なりません。本当に国の責任が重いと思っております。

早期に国は、法律や条令を直ぐに作り施行して欲しいです。
(被害と被害者の存在を認める発言もを公に)

未来永劫、全ての犯罪と被害が無くなって欲しく思っております。

「犯罪に絡む盗聴の類に関して」
盗聴情報を、自分の利に利用すると、組織犯罪処罰法・共同正犯・従犯・電波法違反などの罪になります。止めてください。私や警察に音声・映像送信以外で連絡してください。
詳しくは、「組織犯罪処罰法」などを検索して下さい。
※「共同の目的を有する多数人の継続的結合(wiki)」=犯罪を意図しないタイミングで公にしない目的で結託。

「情報募集中」
被害や犯罪に関する情報、関係者(関係企業社員・有名人など)の目撃情報など、特に音声送信・映像送信以外で、本当にお待ちしております。

DENEBUのブログ
URL:
http//denebu.livedoor.biz

E-Mail:
denebu7@gmail.com

2010/12/02 THR
2011/05/22 SUN
2014/02/17 MON
2014/03/04 TUE
2018/02/10 SAT


■離婚などの事件への発端になった「2007年11月の出来事」につながる被害詳細(詳細改訂版)


※2010年春に発行予定の被害者の方々が自費出版する「世に被害の酷さを伝える被害報告文集」があり、それに私も参加しております。以下がその私の文章の一部になります。(2009年9月6日記述)

これらは、今も尚続く、800日以上の被害の元になった出来事で、当時は、36年間以上の人生でも初めての出来事で、パニックで何が起きているか訳が分らなく錯乱気味になる日が続いていました。
無論、当時は、テクノロジー被害の経験も一切無く、すべての被害が初めての出来事で、一つ一つが本当にショッキングであり、精神を酷く錯乱させられ傷つけられていました。
800日以上経った耐性がある程度できた今と、その1つ1つのショックの度合は「天と地」ほどの差があります。
当時は、本当に初めての「未知の力との遭遇」であり、その「見えない力」が理解出来ずに、研究開発の経験が10年以上あり、一般人に比べ最新の技術(PC)に詳しく、人を守る警備員の経験までもあった私でさえも、不安や恐怖する日々が続いていました。


2007年09月〜10月
家(F住宅)や会社でも訳の解らぬ現象(現テクノロジー犯罪被害)と人的嫌がらせ多発、気を病む。
▼会社
【一次被害】_酸質信(仕事中に昔気になった言葉を度々仄めかし)⊃妖嫌がらせ(複数の女性の待ち伏せ・某レコード会社Aの某アーティストについての刷り込み
【二次被害】会社で盗難があり、一時、犯人だと疑われショックを受ける。
▼自宅
【一次被害】_酸質信(一人でいると度々名前を呼ぶ声が増える)∩音(異常な鳴き方の鈴虫・夜中の携帯電話の音楽の異常・夜中、畳の下から大音響アラームの異常音・深夜の踏切の異常音)身体攻撃(夜中、妻が寝ている横で「強制射精」させられる)ぜ宅に度々侵入され、それを誇示する様に、これ見よがしに証拠を残される(貯金通帳・パソコンの機材移動・屋根裏に侵入した形跡・動く奇妙な音の停まった所にナメクジ) 【二次被害】―韻錣譴浸のある妻もいるので、本当に不安になり、防犯装置設置や自宅周辺や屋根裏の見回り始める△海陵佑北の解らない事が、会社とプライベートで次々と同時に起き、気を病むE典つ命機器会社退職(ガスライティングと思われる)

2007年10月
電気通信機器会社退職。
その後、安心して暮らしたい為、時間が出来たので自宅周辺を調査し、「自宅周辺の変な騒音」について水戸警察署に相談。年配の方に相談した為か、精神病と認識され深く取り合って貰えず。(注1)

2007年11月
【一次被害】_酸質信(音声送信との会話のやり取りが始まり出す・家族の声を使った悪質な内容もあり)⊃搬旅況癲並深鐶人諭B里酷く痺れるような痛さ、チクチクする痛み、強い痛みなど・寝ている時やられ、あまりの痛みに泣いてしまう事も・加害者が最初はいい人を装ってきたので、悪い事をされると思えず、裏切られ身体攻撃を度々された時のショックは大)1覗送信(某レコード会社Aの某アーティストのリアルな顔のアップ(ベストアルバムの顔)が、妻の顔より光輝くような映像を数回送られる)
【二次被害】^枉錣柄音や声が続き、度々、昼や夜も家や近隣の調査や近隣の複数の住宅に聞きに回る△△泙蠅猟砲澆法⊆屬派屋から逃げ出す事2回。2度目は、夜に起き、車で逃げても痛みを与えられ続け、数キロ離れても痛みが追ってきて、初めての事で訳が分からず車を乗り捨て、金属類を全部捨て、靴やベルトや服も一部脱ぎ、冬の肌寒い中、田んぼの近辺で涙目になりながら痛みと付き合うN擔佑肇肇薀屮詒生ぢ膕箸気鵑らの貸家からの退去勧告ィ隠鰻遒僚藹棔雰詛爾鬚契卞れ同居し、1年数ヵ月後)に挙式をしたばかりの妻と下旬に完全別居

11月初旬 妻と結婚式を挙げる。(結納をし籍入れ同居し、1年数ヵ月後)
11月中旬 バイト先で訳の分らぬ出来事が起きパニックに。
【一時被害】_酸質信に思考を仄めかされる強い脅しあり⊆分の考えている事を周りの一部の人に勝手に伝えられ、馬鹿にする様なリアクションを取られる事を何度もされ、自分の思考が漏らされるショックを初めて味わう2酸質信で、あたかもバイト先の工場の従業員が私を中傷しているように思わされ、さらに、内容から思考が漏れている事を感じさせられ、初めての事で酷いショックを味わうい海譴蕕凌誉現蕕侶がらせの酷さにパニックになり、この歳で泣いて帰る事も
▼その後から、家で被害激化。
問題を解決したく、異常な騒音や声や痛みについて、度々、昼も夜も、家や近隣の調査や近隣の複数の住宅に聞きに回る。声の発生位置が隣の家から聞こえる事が多く、さらに、家の中を移動しても痛みが後からジワジワ追ってきて感じる事、その為には、家の中を移動している私の音を確認できる場所から行うしかなく、それらから、毎日、妙に出入りが多い、隣の家を怪しく思え、さらに近所での調査や聞いた情報、某レコード会社Aの情報に詳しい音声送信者や、私の趣味の作曲に助言をくれる音声送信者、近所に、某レコード会社Aの某アーティストやその某作曲者の存在を仄めかす、音声送信や映像送信と某スーパーSや家の前での出来事、などから、条件を絞っていくと、某アーティストやその某作曲者の隣の家からの嫌がらせだと断定するに至り、隣の家に、数度、話を聞きに行く。しかし、それでも被害が続くので、「隠れて隣の家からワザと嫌がらせをしているのでは?」と猜疑心を持ちながら耐える事を続ける。
▼20日 隣人とトラブル発生。
いつもの様に声や痛みが続き、音声送信にも何度も怒りをぶつけ続けるが、止めて貰えず、何度も大声で「殺すぞ!」とまで強く怒りをぶつけ出すが、それでも止めて貰えない所か、被害が激化し始め、極限まで追い込まれ我慢できなくなり、今まで耐えていたストレスと怒りが爆発し、隣の家に包丁を持って勢いよく怒鳴り込む。しかし、隣人とドア越しに大声で話すと、隣人が大きな声を出し始めパニックになった事から、演技ではなく、「嫌がらせをしていない」と分かり、間違いだと思いだし、「警備員をやり、人を守る仕事をしていた事があるのに、なんという事をしてしまったのだろうか・・・」という気持からショックで呆然になり、その後すぐに、「某アーティストやその某作曲者に騙されて嵌められた!」と言う、今までにない酷い怒りの形容し難い気持ちから、精神が一時おかしくなり、家の玄関で泣きながら、包丁や手で何度も何度も壁を殴ったりしながら、騙して嵌めた関係者を大声で、「殺してやる!殺してやる!」と、キチガイのように泣きながら叫ぶ。途中、疲れて気を失いそうになるが、なぜかまた怒りが次々と湧いてきて、泣き叫ぶのを続ける。それで、3時間以上過ぎたころか、疲れて玄関で気を失うように寝てしまう。
次の日?(パニックで日が分からない)辺りに父が来て、「大家さんに出て行けという話をされた」と聞き怒られ、父に被害の事情を話しても理解して貰えず、(「父は、研究所にいて声でやり取りした事あるはずなのに、何で何も知らないの?」などと訳が分からなくなり)
仕方なく一緒に大家さんに謝りに行き相談すると、「隣の人は、女一人、赤ちゃん一人の家。その家に、包丁持って怒鳴りこんだせいで、パニックで怖くなり、実家に帰ってしまったんですよ!出て行って欲しい!」と言う話を聞き、謝罪をし立ち退くことを決める。(当時、訳が分からなく、申し訳なさで一杯になった。)

※ここまでが文集の一部です。
2008年10月に更新した「事件の発端となった2007年11月の出来事」の文章も、内容を補間する意味で続けてお読み下さい。

全ての元になった2007年11月の事件
■全ての元になった2007年11月の事件


2007/11/04 奥さんと結婚式を挙げる。

この間、奥さんの居ない時に、内原の貸家(FR住宅南)に独りになると、
変な声が聞こえ、話しや指示、嫌がらせが始まる。
初めての事で、精神的に不安定になっていた。
奥さんとも変な声が聞こえる聞こえないで、いざこざあり。

11/初旬 派遣会社○ットウィル(2012/01/20修正)でバイトを始める。
場所は、石岡の(株)○栄プラスチック工場(2012/01/20修正)。
今、周りで変なことがおきていて(変な声の問題)精神的に不安定で、
仕事をやると初めての職場でさらに不安になり、
奥さんとさらに変な声問題でけんかなどして、
今以上に仲が悪くなることが想像できたので、
奥さんに訳を話して、納得して実家に戻ってもらうことにした。
距離を置けば、けんかしないので
今以上に仲が悪くなることはないと思った。
これは、奥さんに話して了承してもらった。

その日から、一人なので、弁当など、料理するときは、
変な声(年配の男の声)で、
ほめたり(うまい、よくできた、まだまだ)、指摘されたり、
パソコンで音楽を聴いたり、MIDIで作曲してたりすると、
背後から声がして、指摘やほめ言葉(?)があり、見られている気がしてたりした。
訳がわからないが、話から音楽関係の人(芸能人さん)ではないかと思い始めていたが、不安だった。

バイト先では、数日、働いた後から、変な声から指示や、
その時、私の考えている事を、なぜか他の人から仄めかしを受けたりして、
不安で嫌な気持ちで仕事を続けた。

仕事を始めると、昔の勤めた各会社で、苦手な人たちが、
次々と、特に目元だけを整形して、仕事先に現れて、
(水戸○○○内原○ョピングセンター(2012/01/20修正)勤務の仕事の時の上司と昔の彼女、某ゲーム会社S勤務時代の上司Wさん(2012/01/20追記)など)
「なぜ、今頃、嫌がらせに来たのだろうか?」と、非常にショックを受け、
不安でいろいろ聞くと、違う名前を言ってきて、別人だと言い張ったりした。
しかし、どう見ても、顔の一部が違うだけで、
骨格(身長、肉つき)、着ている服装、靴などが一緒で、
臭いさえも似ている感じだったので、さらに不安を感じ、
「何か理由があって、別の名前で近づいてきたのだろうか?」と、
不安を感じながら一緒に仕事をし始めていた。

仕事に慣れてくると、私が時たま、いやらしい妄想(女・男)をすると、
変な声で仄めかされ、
それをすると、その後、すぐに周りの人が私から離れて働き出して、
私の考えが伝わっているような気がして、精神的に不安定になった。
落ち着くと、周りの人が戻ってきて、確信を深めた。

ある日、精神的に不安定な状態で働いていて、
嫌がらせに、訳が分からずショックで泣きそうになっていた時に、
トラックを運転して資材を運んできた人が、
以前、勤めていたゲーム会社S(2012/01/20修正)の後輩のOM氏(2012/01/20修正)で、
声を変えてとぼけたふりをしていて、気持ちを駄目押しされ、
ショックで愕然となり、嫌な思いをし、涙が出てきていた。

さらに、石岡の近くの別の工場に仕事で移動し、
ベルトコンベアで梱包作業をしている時、
作業中、狭い通路で、すれ違いざまに、
お尻や胸を私の体に接触させてくる、男や女の他のバイトしている人がいて、
その際に、いやらしい妄想(女・男)をしてしまうと、
すかさず、変な声で仄めかしを受けたり、
その時、周りのバイトの人が、なぜかみんなで笑ったり、
また、私の思考が聞こえていて、周りのバイトの人たちがそれを聞いて、
突然、声をあげる行動をされたり、一言二言、私の思考が分かっているような、
仄めかしを受け、訳がわからず、精神的に不安定な状態になっているのに、
仕事は忙しく、途中で止める事ができず、泣きながら作業していると、
しばらくして、視界の遠くから女の人が、突然に近づいてきて、
見ると、芸能人さんの「YKさん」で、
変な声で「本物はやっぱりかわいいでしょう?」と言われ、
びっくりし、ショックを受けるが、
その前に、精神的に不安定になっており、素直に喜べず、
何をしていいか分からず、間をおいて、再び作業をすると、
周りから、先ほどのすれ違い時の接触や、
考えていることの、仄めかしが多くなり、
(無視したように思われて、周りの人が、当たってきた?)
訳が分からず、ショックでさらに涙を流しながらも、最後までバイトを続け、
その後、家(FR住宅南)に泣きながら帰宅、バイトを続けることを断念する。

その後も、家で変な声の指摘や、嫌がらせが多くなり、
何度も、あまりのしつこさに、声に対して「あなたは誰ですか?」などと具体的な質問をすると、
「はい、いいえ」しか答えてくれず、意地が焼けてきて、
あえて「芸能人さんなんて・・・・」と怒鳴ると、
その時を境に、体が痛くなる実験を始められて、訳がわからず、ショックでさらに不安になる。

また、近所の内原○イブ(2012/01/20修正)に食料品を買出しに行くことがあり、
時たま、変な声で、「いるよ、いるよ」、「(レコード会社A所属アーティストの2012/01/20追記)Oさんがいるよ」みたいな声がし、
売り場で、内原の田舎に不釣合いな、きれいな茶髪のロングの髪と、高そうな服を着た
Oさんに似た人が、何人も、背中を私に向け、顔が見られないように、
前をウロウロする事が多くなり、気になり始め、顔を確認する事もあった。
また、売り場でも変な事(?)が事も度々あり、広いお店に、客が私一人と言う
ありえない状態が度々あり、「何か変だな?誰か来るのかな?」と不安になる事も
よくあった。(明らかに普通でないお店の状態)
しかし、私自身、Oさんの顔をよく知らないので、あまり興味を持てずにいた。

それから、さらに、考えていることの仄めかしが多くなり、私の頭に浮かべた文字が、
声の人たちに見えているようで、驚かれ、考えが分かってしまうようで嫌になっていた、
ある日、突然、父と母と妹の声がして、「お兄ちゃん、すごい!頭に浮かべた文字が見えるよ!」みたいな
妹の声がして、本人と思い、今の事情や苦しい気持ちを伝えたくて、
「頼むから、実験施設(?)にいるなら、そこの研究者の人たちに、私がそこに行って研究受けるので、
こんな事を(日常の生活で)止めるように言って!」と、本当に困ってお願いした。
その際、妹の声で「わかったよ」と言うような返事をされ、やっと止めてもらえると安堵した。

しかし、その後も、体に痛みを覚えたり、変な感覚になったり、
それが、日を追うと、逃げ回ってもついてくるようになり、パニック、嫌になる。
さらに、夜、寝ている時にも痛みを与えてきた時があり、
「やめてください、やめてください」とショックで泣きながら、布団の中で我慢をしていたが、
しばらくして、我慢しきれず、起き上がって、
「僕が悪い事をしたのならば、本当に会って謝りますから、
本当に止めてください、話し合わせてください!」と声が聞こえてくる壁に向かって、
何回も何回も泣きながら懇願した。

しかし、それからも度々、隣のFR住宅北(2012/01/20修正)の借家の方向から、
私の考えている事の仄めかしの声がして、訳が分からなくなり、精神的に不安になる。
子供たちの声、女性の声あり。
女性の声では、「頭が見えてると見つかるよ。隠して。」みたいな声がして、
自分で考えて、帽子の中にアルミ箔を一杯つめて、逃げ回る時があった。

そういう事が何日か続いたある日、「危機的対応だ!」と仄めかしを受け、
変な声に指示されて、周りの近所を何件も回らされたり、家の中にいると、
すごい体が痛くなったりして、耐えられなくなり、外に出て逃げたり、
車でも逃げたりしていたが、数キロはなれても、痛さが追ってきて訳がわからず、
車から降りて逃げて、靴を脱いだり、ベルトをとったり、服を脱いだりして、
田んぼを移動した。
しばらくして、痛みが無くなって来て家に戻るが、
その後も、度々、同じような痛みを与えられる事があり、
それをやっている人が、声のやりとりから、
さん、さん(レコード会社A所属2012/01/20追記)」と分かるようになり、
しばらくして、昼間、家の前から、
何度か私の名前を呼ぶ声がして見に行くと、
今で言うI氏シャツ(腕が灰色、体が白のシャツ)を着て、
一緒に遊んでいる犬を私の名前で呼んでいる男の人(髪の毛染めていて、短髪)の人がいて、
I氏と言う人かな?と思い、聞こうと近づくと、犬の名前をきちんと呼び出し始めたので、
変だな?嫌がらせかな?と思いながらも家に戻った日もあった。

その後も、
さん、さん」が隣の家(FR住宅北)に居ると、変な声に言われる時があって、
隣の家に尋ねに行くことが数回あった。
それでも会えず、体が痛くなることが何度も何日も続き、不安や怒りや溜まりだし、
逃げても痛みが付いてくるので、訳が分からず、
その痛みが、隣(FR住宅北)からだと、前からうすうす感じており、
度々、「もう止めろ!、殺すぞ!」と叫んでいた。
ある日、怒りが頂点になり、包丁を持って、防御のために毎日かぶっていた、
アルミ箔入りで横からアルミ箔が少し飛び出ていた(明らかに一般人が見たら精神異常者に見える)
帽子をかぶったまま、殺そうと、隣の家に大声を出して飛び出していった。

ドアを叩き叫ぶと、中で話し合う声が聞こえ、しばらくすると、
その家の、女性の人がドア越しに、「なんですか?」と聞かれ、
いい加減にしろ、殺すぞ!」と大声で叫んでいると、
近所の家の窓から、大声を心配した人たちが、何人も、みんなこっちを見出して、
パトカー、救急車呼んで〜!」との声も出始め、辺りが騒然となる。
その後、隣の家の女性がドア越しから、震える声で、「今、いとこを呼びますから!」
と叫びだし、その時に、その声で我に返り、居るのは知っている隣の人だと分かり、
変な声に騙され、犯罪を起こしたショックで、
(人を守る仕事の経験があり、人を守ろうとした事もあるのに、なんで私が犯罪を起したんだ!?等)
訳が分からなくなってショックで、泣き出してしまい、
自分の家の玄関の中に戻り、座り込み泣き出した。
しばらくすると、「O、I」に対して、
何度も嘘をつかれ騙されたというショックで、殺したくなり
訳の分からなさも手伝って、キチガイ状態になり、大声を上げて、
殺してやる〜!殺してやる!」と泣きながら、
ドアや壁を叩くことが何時間も続いた。

その間、家の前に、何台も車が来て降りる音がして、私に声をかける声が何度かして、
そのうちの一人が、前お世話になった病院の女の先生みたいな声に聞き取れた。
時々、落ち着くが、それでも、発作のように、又、怒りと涙がこみ上げてきて、
ドアや壁を叩き大声で、「殺してやる〜!」と言う状態が続き、
キチガイ状態のあまりの長さに、あきらめて(?)、車が途中で何台か帰る音がした。

それから、しばらく泣き叫び続け、途中で疲れ、玄関の寒い所で、気を失い、眠り込む。
その後、よく覚えていない。

次の日あたり(?)に、父が来て、「大家さんに出て行け」という話をされたと聞き怒られ、
父に事情を話しても、理解してもらえず、
(「父は、研究所にいて声でやり取りした事あるはずなのに、何で何も知らないの?」などと
訳が分からなくなり)
仕方なく一緒に大家さんに謝りに行き、相談すると、
「隣の人は、女一人、赤ちゃん一人の家。その家に、包丁持って怒鳴りこんだせいで、
パニック、怖くなり、実家に帰ってしまったんですよ!出て行って欲しい!」と言う話を聞き、
謝罪をし、立ち退くことを決めた。

そのせいで、奥さんとその母に病気と思われ、奥さんと完全に別居することになった。

このページのトップヘ