DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

書庫

-----------------------------------------
タ妖嫌がらせによる被害
-----------------------------------------

Q:人的嫌がらせとは?
人の直接的な嫌がらせで、主として、集団ストーカーと呼ばれる行為です。
基本的には、「ガスライティング」と言う、手口を元に行われます。
ガスライティングとは、標的となる人物(ターゲット)の感覚喪失、妄想、
悪評、トラブル等を模造または、演出し、ターゲットの社会的評価を失墜させ、
ターゲット自信、自尊心及び評判を破壊し、ターゲットの人生を思い通りのレベルまで破滅させ
自殺に追い込む事が出来るにも関わらず、
ターゲット自身が自滅したかのように見せかけることの出来る、
数々の手口、及びその段階的な計画の総称を、そう呼びます。(AGSAS引用)

今までこれらの手口は、人的なものがメインだったのですが、
近年、私の場合は、感覚喪失、妄想、悪評、トラブル等を起こす為に、
最新のテクノロジーを悪用した、音声送信や映像送信、電磁波による身体攻撃などを使用して、
長期に渡って行われ、それらに対しては免疫がなかった為に、
自分を見失なってしまい、その結果、人生をめちゃくちゃにされ、
多くの物を失ってしまいました。

<初期の集団ストーカー被害からの流れ>
私の周りでは、某ゲーム会社S時代から頻度が高く、その頃は、人的な物がメインでした。
初めて経験した時は、訳が分からず苦しみ、その異常さに病んでしまいました。
最近であれば、犯罪に詳しい方々なら、
これらは「集団ストーカーの手口」だとすぐに見分けられると思うのですが、
その時代は、ストーカー法制定前であり、「ストーカー」という言葉や手口自体、
私も世間にも、よく知られてなかった時代であり、
まして関係のない、一般人の方なら、「気のせい」か「疲れている」「病んでいる」などの判断を
してしまうところです。
その為、私自身、その状況を説得力のある説明ができず、周囲の者に理解されず、
数年間辛い思いをしました。
その後、田舎に帰り、一時期、止まったように思いましたが、
新婚生活の途中から、時折、露骨にやられるようになってきました。
奥さんもいる事で、この対処には必死になり、いろいろと情報を集めた結果、
AGSASの存在、海外では昔からその手口が研究している事がわかり、
免疫を持ち落ち着く事が出来、そのおかげで、生活がだいぶ楽になりました。
しかし、その後も私の場合はしつように続けられ、
それらの手口に加え、感覚喪失、妄想、悪評、トラブル等を起こす為に、
最新のテクノロジーを悪用した、音声送信や映像送信、
電磁波による身体攻撃などをされてしまい、
それらの被害やトラブルが元で、離婚にまで発展してしまいました。
一人身になってからは、度々、挑発するかのように露骨にやられる様になりました。
その露骨さには、普通の人なら即ノイローゼになってしまうと思いますが、
それでも私が耐えていられるのは、昔からの経験や知識があるからだと思います。
これらの期間は、およそ10年間に及びます。

<思う所>
昔からある、集団ストーカーが行う、アナログ的嫌がらせの手口の現代版が、
デジタル的な手法で行う、テクノロジー犯罪の音声送信、映像送信、
電磁波による身体攻撃などだとも言えると思います。
(ですので、元となるやり方は、共通する部分が多いです。)

これらの情報を公開する事により、模倣され、ゲリラ的にこれらの手法行い、
被害を受ける方が増える危険性もありますが、
一部の者しか知らない為に、それを実現できる組織だけが、
いつまでも長期に渡って旨みを得たり、犯罪を続ける事が出来たりする方が、危険だと言えます。
なぜなら、私が経験した通り、他人が何の情報も無しこれらをやられた場合、
長期に渡り、私と同じ過程で苦しみ、人生をめちゃくちゃにされ、
命を失う事も考えられるからです。
「明日は我が身」と考えて下さい。
ですので、これらの技術や被害とAGSASについては、世間に広めていった方がよいと私は考えます。
世間に広まり一般的となれば、自ずと犯罪に対する認識が増え、
それでこれらの犯罪が問題になれば、
国も厳しい法律改定などに動かざる追えなくなるからです。
厳罰が下るとなれば、安易な考えで、これらの犯罪を行う者たちは減り、
世間的にもさらに安全が確保されると思います。

<主な被害例>
※最近の、外出時に度々やられる例
▼すれ違いざまに、突然大きな声で、ほのめかしを受ける。(ほのめかし)
 (分かりやすい例)
 ・「もう、893(ヤクザ)万円だな」
 ・「バラバラ死体事件があったみたいだよ」
▼咳払いを繰り返したりする人物が現れる頻度が高い。(ノイズキャンペーン)
▼ハイヒール音を大げさに鳴らしながら近づいてくる女性が多い。(アンカリング&ノイズキャンペーン)
▼顔をずっと眺めるように歩いてくる。(アンカリング)
▼自分に人や自転車、車などに接触しそうになり、私が相手を避けざる負えなくなるように、
 挙動不審の事をされたりすることがある。(コリジョンキャンペーン)
 (例)
 ・偶然を装い、歩いて向かっている進路方向に、突如、私に気づいていないように、
  目を会わせないように近づいてきて、邪魔をする。
 ・偶然を装い、曲がり角で待ち伏せし、私と接触しそうになるのを狙い、向き合って止まったら、
  右や左にずれる挙動を、露骨にオーバーアクションで繰り返して馬鹿にする。
 ・偶然を装い、曲がり角で、車がスピードを出し大きく曲がってきて、私と接触しそうになる。
 ・通勤路で、狭い道路を歩いているのを狙い、後ろから猛スピードで車が迫ってきて、
  接触しそうになる。
  (それが毎日のように繰り返される。通常ならありえない。)
▼車を離れた際に度々、鳥のフンみたいなものを、窓ガラスやボンネットにつけられる。
  (昔の一例)

<犯罪に会ってない一般の方に誤解されやすい所>
これらは、本人しか体験しておらず、本人には日常的にやられており、気にかかり、
どうにかしたいと思うのだが、
毎日、一緒に行動し同体験し証言する人でもいない限り、
それを体験してない他人には説明が難しく、
それで、パニックになり状況説明がうまくできないまま、他人に相談したりすると、
「気のせいでしょう」「疲れているんじゃない」「休んだ方がいいよ」などと
思われてしまうのがよくある例です。

これらを繰り返えす事により、周囲には、「精神的に疲れている、病んでいる人物」と
思われがちになり、
認識を得られない事に対して、相手に腹を立て、相手に異常な人と認識されれば、
仲の良い人以外、自ずと人が距離を置くようになってしまいます。
それでも耐えてられたとしても、
周囲に理解されない為、本人がだんだんストレスを蓄積し、
本当に神経をやられ「精神病」になってしまう
可能性があります。これに注意してください。
これらを狙ってやっている人物がいれば、自滅した本人を見て、「しめしめ」と思う事でしょう。

対処としましては、理解のある何でも話せる家族や知人や友人を持つ事が必要だと思います。
また、何度も時間をかけて話せるチャンスがある仲の良い、家族、友人、知人へならともかく、
助けや認識を求め、警察など他人に説明するときには、簡単にではなく、
ある程度、説得力(状況証拠)をもった話をするようにし、中途半端に説明しない方が賢明です。
一度、他人に変な認識を受けると、その認識を変える事が時間をかけないと難しく、
なかなか理解されずらくなります。
そうなると、さらに悪循環になり、理解をしてくれる人、相談できる人が減る為、
仲の良い人達でもどうにもならなかった場合、精神が疲弊し、
本当に病む確率も上がってしまいます。
私がハマったのが、このような感じです。
ご注意ください。

※これらは、音声送信、映像送信、電磁波等による身体への痛みなどの、
テクノロジー犯罪に対しても、同じ事が言えます。

また、ストレスに対して大切なのは、睡眠なのですが、
これらのテクノロジー犯罪に関しては、それさえも妨害される傾向があります。
ですので、ストレス解消法など見つけて、実践するのも心がけた方がいいです。

私は今は、運動しストレスを発散するように心がけております。
(最近は、それされもアナログ犯罪・集団ストーカーで妨害されております(笑)。
対処法を考慮中です。)


<要確認!>

2009/05/23/19:22:初アップ。


2009/06/03/00:47:一部修正。2009/08/12イニシャルに修正



※内部告発あり。
(何か訳があって私に情報をくれる方がいます。(声優や関係者の方))

※乱文にて失礼します。あとでまとめます。
※私自身は、とち狂ってはおりません(笑)

--------------------------------------------



音声送信・思考盗聴犯罪の関係者の説明



--------------------------------------------

--------------------------------------------


人物


--------------------------------------------

■U氏
2009/04/16現在
(01) すべての災いの元になった音声送信を私に無断でつけるように最初に言った人物。

(02) 立場を利用し、某携帯電話会社Aや某レコード会社Aを巻き込んだ人物。

2009/05/23現在
(03) 某ゲーム会社S時代の、「川崎の女ストーカー事件」は、(私が病になったのでやばいのか)
     U氏が「創価学会の川崎の人達」と言っているとの事。

(04) 私を創価学会が創価学会式で思考盗聴したデータが24ヶ月分、
     携帯電話の電波を使った思考盗聴をする前にあったとの事。
     それを1500万で買収。
     それを元に、以下を行ったとの事。

(05) そのデータを生かし、電磁波(携帯電話の電波)を使った、音声送信、思考盗聴、
     電気通信会社時代に、私に付けさせたとの事。

(06) 2007年、アルカディアハイツで、電磁波を使わない、盗聴器を使った、
     夜の営みの盗聴をしていた。
     私への性のほのめかし、思考盗聴、音声送信などに用いる為。
     (本人にほのめかして優位性を保つため)
     大物芸能人さん関与と昔から言われたいたのは、これだと思われる。

(07) 「私には子供はまだ早い」とアルカディハイツの時から、
     奥さんに子供を作れなくしていたとの事。
     女性を太らしてお腹を出させると、妊娠しにくくなるとの事。(創価学会式)
     また、生体肝移植(ふざけて言われている言い方。これは当て字。)を
     していたとの事。
     感じる所を生殖器から乳首に。これも子供が出来にくくなるとの事。(創価学会式)
     ▼本当の理由は、もう既に、私を、思考盗聴、音声送信のターゲットに選んでいて、
     子供が出来ると面倒たからとの事。
     (他の、音声送信・思考盗聴などの被害者の女性の方でも、
      子供を産めなくされている方がいる事を確認。)
     だから、あの手この手で、奥さんと離れさせようとした。
     ・連絡をつかなくする。
      K氏と手を組んで、某携帯電話会社Dの携帯の電波を届かなくさせていた。
     ・声優を使って、奥さんとその家族に猜疑心を煽る。
     (よく言われる、私に「強くなってくれ」が本当の狙いではないのは明白。)
     ・データを取れるまで引っ張る。(旨みを握れるまで、誤魔化せるまで。)
     ・うまく、本人がマインドコントロールで誘導されて、
      本人から「奥さんと別れる」と言わさせれば、しめたもの。

(08) これらの罪を誤魔化す為に、2008年の秋、多くの声優を呼んで、
     「デネブの為にある事をやって」と、500万を出して、
     音声送信、思考盗聴について簡単に説明し、多くの声優を巻きこんだ。
     これは、いざ、犯罪が明るみに出た時に、
      (1)U氏が私の人生を弄んできた罪や、
         私のU氏に対する憎しみを、弱くさせる事が出来る。
      (2)多くの人が関与している事で、犯罪を誤魔化せる。
      (3)これだけいれば、声優の誰かと、「くんずほぐれつの仲」になって、
        「時間を稼げる、クッションに出来る、従順に出来る」との考えあり。
      (4)あわよくば、手を変え品を変え、実験をずっと引っ張ろうと思っていた。
     との旨み成分があったとの事。

(09) また、いざ犯罪が明るみに出た時の為に、犯人役として、
     I官房長官役(初代)の声優を呼んだが、
     その方が、「私じゃない」と呼んだのが、本当に初代の声を勝手に借り、
     嫌がらせを続けていた、コボリヨシタカ(声優)だったとの事。

(10) これには、2008年、春に、
     某携帯電話会社A、某レコード会社A経由で、私の音声送信者に「GGG・スタッフ」を送り込んだが
     (美人局一環)、私を回収出来なかったので、
     (仲良くなれば、うまく誤魔化せて扱える。また、
     「アニメ会社Sに入社させて、音声送信と思考盗聴のデータ取りながら、
      旨みを得ようとの計画」があったとの事。)
     それの続きをし、話の形をうまく整えておきたかったと思われる。

(11) 今、元奥さんのお母さんにも手を出そうとしているとの事。

<流れ>
(12) 私には、小さいころから創価学会が関係していた。
     それは、父よりも何代も前からの確立高しとの事。
     東京に出てきたとき、地元の創価学会から創価学会・U氏に連絡が行き、
     東京でもターゲットにされた。

(13) 創価学会では、U氏が性に関する嫌がらせに関与する事が多いとのこと。

<これらの情報から思う所>
私の人生を長期に弄んでおきながら、さらに、その私を利用し、思考盗聴などで、
旨み(金)を、儲けようとしていた事は明白。
また、当初から、いざという時の為に、用意周到に、
いろんな手を打って私を取りこもうとしていたのは(誤魔化そうとしていた)のも、明白。
また、奥さん関係にも手を出していた確率高い。
本当に姑息に感じる。

※多くの人を巻き込んで、ここまで大きな問題になった責任を追及された時の、
 言動が注目される。

--------------------------------------------
■K氏
(01) 初期の頃から、U氏とこの件に関係。
(02) 2008年3月、某携帯電話会社Aからの私への示談金1億6千8百万円を、
     スタッフの飲み食いと、自分の借金返済に使ってしまったとのこと。
     それから、話がおかしくなったとの事。
(03) 神の声(現音声送信)ワールドと言う、
     音声送信を使った日本中での災害時での利用のアイデアを、
     私からパクリ、それを事もあろうか、某ロックバンドのアーティストYさんつながりで、
     K元首相に話しをしたことがあるとの事。
     やばい実験で資金投入しすぎたので、世間に理解させ肯定させ、旨みを得る為に、
     一発逆転を狙いたかったらしいとのこと。
(04) 2008年5月、群馬高崎での、某携帯電話会社A、某携帯電話会社Dの知り合いを招いた発表会で、
     私の思考盗聴の結果を発表し、
     私の集まった個人情報のデータ、本人の思考を読める度合いに驚愕し、
     心の中で、「やばい、(私を)殺してしまおうかな」と思っていたとの事。
     (その時、K氏に音声送信でついていた者がおり、
      簡単な思考盗聴で、「殺す」気持ちが出ていたとの事。)
(05) 私の奥さんにも手を出そうとしていたとの事。
---------------------------------------------
■コボリヨシタカ(声優)
2009/05/23現在
(01) I官房長官の役を2008年2、3、4月あたり長期に渡ってやり、
     (1月頃登場した本当のI官房長官役(明智光秀役の声優)
      の偉い声優の声を勝手に使っていた)
     私を騙し、私に痛みを与えるなどの酷い嫌がらせを最もやり続けた男。
(02) また、11月辺りからの酷い嫌がらせの責任者(怨むならこの人と言われていた人)。
---------------------------------------------
■スガワラ・ミチザネ(あだ名)
2009/05/23現在
(01) 某携帯電話会社Aの社員。
(02) 本当にやばいので、私を殺そうとしていた(某携帯電話会社A内に呼んで)人物。
(03) 立場を利用し、いろんな人(有名人・声優)を呼ぶように仕向けた。
(04) 今でも、あわよくば殺そうとしているとの事。
(05)  有名な声優との話も。
---------------------------------------------
■クロガネミツオ
(01) 某携帯電話会社Aの社員(研究員)。
(02) この人物が、初期、奥さんを実験で弄んでいた。
---------------------------------------------
■スガワラ
(01) 口がうまく、電話などで人を騙し、いろんな人に連絡をとり、時には人を呼び寄せた。
(02) 私の勤め先や、外出先にも何度も連絡している。
(03) U氏と連絡を取り合っている人物。
(04) 情報を操作し、関係者を騙し、長期にわたり被害を拡大させた。
(05) 私に対する陰湿な嫌がらせを考えるのは、いつもこの人物との事。
(06) 某レコード会社Aの管理職または、某携帯電話会社Aの管理職(課長)との事。2名いるとの話も。
     かなりの権限がある人物との事。
     その立場を利用し、この犯罪を起こしているらしく、責任を追及された時の、
     企業の代表する管理職としての言動が注目される。
---------------------------------------------
■T・O社長(某携帯電話会社A)
(01) 話が本当なら、本当に悪の相元締め。
     「本当に殺した方が、世の為になるのでは?」と思える人物。
(02) 創価学会と組んで、思考盗聴と音声送信を、
     初期の頃300人くらい、現在、20人くらいにつけ(私のように)、
     監視をし、旨みを握っている。
     その20人が本当に苦しんでいる事も、把握しているとの事。
(03) 創価学会には、思考盗聴・音声送信をやる為、
     住居、勤務先、外出先、生活パターンなどを報告させている。
(04) その為、いざとなったら、
     創価学会に罪を押し付けようと考えているかも知れないとの事。
※本人が以前、「音声送信」について聞かれた時に、
 「うちがやっているやつ」と言った事があるとの事。
※私で実験した技術を、他人につける時、利用されてしまったとの事。
 (非常に悔しい。デネブ2号、3号を昔、危惧していたら、本当になった。)
※初期の頃は、音声送信で、だいだい何を考えているかの、
 ほのめかしだけであったとの事。
※多くの人を巻き込んで、ここまで大きな問題になった責任を追及された時の、
 言動が注目される。
---------------------------------------------
■創価学会
(01) 某携帯電話会社Aとは別に、昔ながらの方法でいろんなターゲットに思考盗聴していたとの事。
     その人の好旨情報を得て、旨みを握る為。
    (「その人の為にやってた」との否定の声もあるが、
     本人に無許可でやってよい事でないのは明白。)
(02) おおまかな技術は、電磁波を当てて、だいたい何を考えているか色で、
     判別していたとの事。(喜怒哀楽・性欲・睡欲)
     それを、最新のテクノロジーの技術を用いて、完成度を挙げたのが、今の某携帯電話会社A方式。
(03) 昔から某携帯電話会社Aと付き合いがあるとの事。
(04) 創価学会のU氏は、敬謙な創価学会員で、対私用に選ばれた人物との事。
(05) 創価学会員の中には、
     「協力者の私たちまで、思考盗聴されそう」と考えている人物もいるとの事。
     (裏切らないか?どうかなど)
----------------------------------------------
■M社長(某レコード会社A)
(01) 自分の会社であるのにも関わらず、
     某レコード会社Aのとあるスタジオから音声送信などの嫌がらせを、
     20ヶ月以上続け、人を苦しめていた人物たちがいる事にも気づかず、
     事実を知った後も黙認し、
    「責任はUさんが・・・」と知らないふりをしているとの事。
     社長として、会社の管理責任が問われる。
※会社は、世の為人の為に、「LOVE&PIEACE」なんて言って音楽を配信しているが、
裏でこんなに人を苦しめている事実を知っていながら黙認しているなんて、
ちゃんちゃらおかしい。二度と「愛だの平和だの」なんて歌って欲しくない。


----------------------------------------------


声優


-----------------------------------------------

■声優
(01) 30人以上の声優が、音声送信や思考盗聴のオペレータ役として参加。
-----------------------------------------------
■GGG・スタッフ
※2008年3月〜6月頃登場。
(01) 某レコード会社Aから派遣されたとの事。
(02) GGGの声と人物映像を勝手に使っていた事もある。
     怨まれ役が、牛山さん、大河原(モヒカン)さんのキャラ役の声優とアニメ人物映像。
    「その声優なら、小心者なので大丈夫」と周りは言ってたらしい。
(03) 牛山さんには、近所の方とトラブルになった時(包丁持参)、
    「殺してしまえ!」と何度も、音声送信・映像送信で煽られた。
     どのような意味があっても、これは罪は重い。
(04) 1500万を 某レコード会社A から出資され、
    「デネブ(私)」と仲良くなったら(美人局成功したら)、
    一人2500万円出すと言われていたとの話も。


------------------------------------------------


企業


------------------------------------------------

■某携帯電話会社A
(01) 音声送信など機材を用意(技術面の協力)。
     それを某レコード会社Aに提供し、あとは「知らぬ存ぜぬ」を続けているとの事。
     (私にとっては、ピストルに弾をいれたまま、そのまま放置しているのと同じ。
      凶器を提供しているのに知らぬ存ぜぬはないだろう。)
(02) 「Uさんと仲良くなったら会ってやる」といつも言われている。
(03) 企業内に、この事件の事を知っている人は、100人はいるとの事。
(04) 企業としての責任を問われる。
------------------------------------------------
■某レコード会社A
(01) 企業ぐるみで、音声送信・思考盗聴で旨みを握ろうとしていた会社。
(02) 300人位がそれに関与。
------------------------------------------------

<仕組まれていた私の離婚>
(私の体験を思い出し冷静に分析。さらに音声送信による説明を一部追加。)

<私が2007年11月頃、音声送信で繰り返し言われていた事>
・「奥さんとは1年間別れて欲しい。」
・「Oさんと1発やって欲しい。奥さんは了承済みだ。
  SEXがうまくなってくれるのならいいと言っている。」
 (今考えると了承する訳がないし、そんな事を言う訳がない。)
・「奥さんと東京に出てきて、某レコード会社Aの寮で一緒に過ごして欲しい。(奥さん断固拒否)」
など。

<私が2008年2月頃から、音声送信の嫌がらせで繰り返し言われていた事>
※藤田リン住宅の事件で奥さんと別居して、連絡が取りずらく、
奥さんの事を確認しにくい事をいい事に、2月くらいから、
奥さんや奥さんの家族に対して、いろいろ嘘を繰り返し繰り消し音声送信で、
私に聞かすのを強要し、マインドコントロールされ、
私の奥さんに対する気持ちを離らかし、離婚させようと仕組んだ。

それを行う、加害者の音声送信者には理由があって、
当時、私に無断で付けた音声送信や思考盗聴などの実験が世間に広まるとまずいらしく、
関与していた、U氏グループ(音声送信者からのリーク※要確認)
(私に年少の頃から関係していたと思われる、創価学会関係の流れで、
私の某ゲーム会社S時代から目をつけていたと思われる。)が親交のある 某レコード会社A に私を取りいれて、
実験や管理をし、利用したかったとの事。
その為、私には、一人身になってもらうのが好都合だったらしく、
奥さんと別居しているのをいい事に、2月くらいから、
離婚の話を進めさせるような、嘘の音声送信や嫌がらせを始めた。

(1)奥さんの家は、創価学会の敬虔な信者で、創価学会に借金があり頭が上がらなく、
   その創価学会がお金を、奥さんのお母さんに渡して、私と離婚をするのを勧めている。
(2)また、奥さんのお姉さん夫婦にも、某レコード会社Aが、お金を度々、10万円位づつ与えて、
   私に嫌がらせを続けているとの事。
   ※「お姉さん夫婦にジュースに下剤を混ぜさせた」など。
     朝、トイレの回数も変に多い時があり、それで信じ込んでしまった。
     本当は、その当時から電磁波で腹を痛くなるようにしていたのを、
     奥さんのお姉さん夫婦のせいにしていた。
(3)奥さんにも、某レコード会社Aから1億6千8百万円を裏で渡し、私と離婚させる決意をさせた。
   または、私と別れたら、1億6千8百万円を渡すと言われているとの事。
※このような情報を、何回かに分けて、繰り返し繰り返し話し、聞くのを強要させ、
猜疑心を持たせ信じ込ませた。
(4)そして、これらを確認しようと、電話をかけるがつながらない事が多く、
長期に渡り、確認できずにいた。

そして、迂要曲折あり、離婚の話が進んでくると、
最後に、音声送信で一番信じていた、おばあさん役の声優に、
B5ノート10ページ以上に渡る、奥さんやその家族の事、
奥さんの家の家庭の事情などの嘘の話を事細かく説明され、
「そんな事ない」とショックで泣きそうになりながら、別れる気持ち持つ事を煽られた。

このページのトップヘ