DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

最新情報


■アメリカで「脳への電磁的攻撃」の禁止判決、

出ました!!



http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

アメリカで「脳への電磁的攻撃」の禁止判決


※先進国では、日本だけが対応が遅れています。

早期対応を!



※「サイバーテロとの応戦」の被害ブログから情報戴きました。
http://neverearth.blog8.fc2.com

※「見えない敵との戦い」の被害ブログから情報戴きました。
http://nozokizono.blog96.fc2.com


5b58_2



重要!!

私の事について電話連絡や、

私、以外に音声送信や映像送信を受けている方へ



私(DENEBU)は、他の音声送信や映像送信などを受けている方へ対して、
音声送信や映像送信を使って、
一言もメッセージを届けたりしていません。
また、「届けて欲しい、音声送信等をつけて欲しい」などとも言っておりません。
私との連絡は、必ずメールが電話や手紙等でお願いします。
音声送信や映像送信の私に対する情報は、
一切信じないようにお願いします。

私も、被害の初期の頃(2008年前期)、「元奥さんが話している」と言われ、音声送信と映像送信で、酷くハメられた経験が御座います。

私は、音声送信や映像送信を使って、
相手にメッセージを届けて欲しいなど、一言も言ってなく、
いつも、
「音声送信・映像送信・身体攻撃などを止めろ!」と怒り、
今まで10万回以上は、言い続けています。

音声送信・映像送信・身体攻撃などは、犯罪です!
ゞ要罪(刑法223条・3年以下の懲役)
盗聴行為(電波法違反)
「なぜ、会話できるか考えてください!」
6芝罪(刑法222条・2年以下の懲役)
「本人が脅しに受け取れれば」
に醜垪瓠雰宰。横娃絃髻Γ嫁以下の懲役
「騒音などによる脅し」も
ソ害罪(刑法204条〜207条・15年以下の懲役)
「体に傷や障害が出れば」
Χ制わいせつ罪(刑法176条・10年以下の懲役)
「生殖器刺激など」
当たります。

※以上の現刑法に、
「電波など見えない媒体での攻撃は省きます・やっていいです。」
などとは、一言も書いておりません。
証拠があれば、適用できます!!

あなたに私からの話が届いているとすれば、加害者側(音声送信者含む)が、
あなたと私をハメようとして、
デマの音声送信や映像送信や電話をしている確率が高いです。


例えば、セガ・バンダイナムコ・ライブドア・元妻方・面接先の会社・就職先の会社など、
私に関係する周りの方へデマ送信や、デマ情報の電話連絡もしているらしいです。
本当にご注意ください。

その様な誤情報を受けた場合は、必ず私にメールや電話や手紙等の身元がハッキリするもので連絡と確認をお願いします。


「ハメた奴らを訴えて厳罰を与えましょう!」


追伸:
現在も私は、「某レコード会社A」の関係者を名乗る音声送信者等に、「脅しや騒音、現地での付きまとい」などの迷惑行為を受けています。
皆さんも、美人局(ツツモタセ←この様に言って誤魔化します)による金銭譲渡や男や女を使った犯罪者側への抱き込み行為に、
ご注意下さい!



※レーダー波を利用し、遠方より目的とする人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されています。この盗聴に対し、人々の機密及びプライバシーを守ることを目的とする装置の特許が出ています。


日本国特許庁(JP)

特許出願番号 特開平7-306259
公開日 平成7年(1995)11月21日

(57)【要約】
生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御
装置

【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、
思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていた
ことが判明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる
場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、人々の機密
及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。

【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし
盗聴される人物の体より生体情報が置き変わった輻射波
が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも
盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報には
さまざまな波形があるが、そのどれにも有効である。警
報が出力された所番地を関係官庁に通報することによ
り、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見で
き、その悪行を根絶することが出来る。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】盗聴防止によりプライバシー保
護、機密保護を目的とする装置である。

【0002】
【従来の技術】従来の盗聴は、電話回線、移動式電話の
盗聴、盗聴器を仕掛けての無線送信による盗聴、コンク
リートマイクを仕掛けるなどして行われていたので、電
話は秘話サービス、無線送信式の盗聴器にはジャミング
電波などによる対策がとられていた。

【0003】
【発明が解決しようとする課題】盗聴している人物の脳
波等生体情報を、目的とする人物の人体の共振周波数に
合わせレーダー波送信し、目的とする人物から輻射す
る、生体情報が置き変わった微弱電波を受信することに
より、その人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴す
る装置が開発されていたことが判明した。このレーダー
波による盗聴は、はるか遠方より盗聴が可能であり、建
物などの構造物を電波が透過するため、電波シールドし
ていない構造物はすべて無防備である。人体の生体情報
を利用しているため、波形が違っており、通常のテレビ
・ラジオなどの画像、音声出力をする機器には影響の無
いまま極秘に盗聴が可能であり、身体的悪戯も可能であ
った。共振周波数の個人差が大きいため、盗聴は個人単
位で行われ、その存在が分かりにくく、かりに電波の照
射および微弱の輻射に気がついても、その周辺に盗聴機
材は無く、レーダー波ということで逆探知も難しい状態
で対策が立てにくい盗聴である。

【0004】
【課題を解決するための手段】盗聴の為にレーダー波に
よって送信されて来た生体情報を受信した時に、その送
信電波をそのまま周囲に電波として発振し、かつ警報を
発することにより盗聴を防せげることを突き止めた。


【0005】
【作用】盗聴のためにレーダー波によって送信されてき
た生体情報をのせた電波は、目的とする個人と共振する
以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体よ
り、盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報
が置き変わった輻射波が発振される。したがって、この
輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によっ
て送られている生体情報を大きく発振し警報を出力す
る。

【0006】
【実施例】この輻射される人体よりの生体情報よりもレ
ーダー波によって送られている生体情報を大きく発振し
警報を出力する装置を常に携帯することにより個人のプ
ライバシー、企業、団体、国家の機密を保護することが
出来る。生体情報はさまざまな波形を有しており、その
まま打ち返すことが、パターンの決まったジャミング電
波より盗聴防止に効果的である。かつ、電波の来ないと
きは出力しないし、出力しても周波数レンジ・波形が異
なるため映像信号、音声信号にそれほど影響を及ぼさな
い。広帯域に渡って盗聴防止のためのジャミング電波を
出す方法よりも周囲に影響を及ぼさずに効果的である。

【0007】
【発明の効果】この輻射される人体よりの生体情報より
もレーダー波によって送られている生体情報を大きく発
振し警報を出力する装置を常に携帯し、警報が出力され
た所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレー
ダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を
根絶することが出来る。なお、このような防衛対策に関
しては新たな装置が開発されることは通常起こりえる
が、更にこの盗聴防止電波にノイズを混入させることに
より、その防止効果は完壁となり、無益な盗聴装置開発
に歯止めをかける効果もある。


<公開特許公報 1ページ目>
20090508_00


<公開特許公報 2ページ目>
20090508_01




このページのトップヘ