DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

告訴用資料(一部)


※レーダー波を利用し、遠方より目的とする人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されています。この盗聴に対し、人々の機密及びプライバシーを守ることを目的とする装置の特許が出ています。


日本国特許庁(JP)

特許出願番号 特開平7-306259
公開日 平成7年(1995)11月21日

(57)【要約】
生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御
装置

【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、
思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていた
ことが判明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる
場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、人々の機密
及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。

【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし
盗聴される人物の体より生体情報が置き変わった輻射波
が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも
盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報には
さまざまな波形があるが、そのどれにも有効である。警
報が出力された所番地を関係官庁に通報することによ
り、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見で
き、その悪行を根絶することが出来る。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】盗聴防止によりプライバシー保
護、機密保護を目的とする装置である。

【0002】
【従来の技術】従来の盗聴は、電話回線、移動式電話の
盗聴、盗聴器を仕掛けての無線送信による盗聴、コンク
リートマイクを仕掛けるなどして行われていたので、電
話は秘話サービス、無線送信式の盗聴器にはジャミング
電波などによる対策がとられていた。

【0003】
【発明が解決しようとする課題】盗聴している人物の脳
波等生体情報を、目的とする人物の人体の共振周波数に
合わせレーダー波送信し、目的とする人物から輻射す
る、生体情報が置き変わった微弱電波を受信することに
より、その人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴す
る装置が開発されていたことが判明した。このレーダー
波による盗聴は、はるか遠方より盗聴が可能であり、建
物などの構造物を電波が透過するため、電波シールドし
ていない構造物はすべて無防備である。人体の生体情報
を利用しているため、波形が違っており、通常のテレビ
・ラジオなどの画像、音声出力をする機器には影響の無
いまま極秘に盗聴が可能であり、身体的悪戯も可能であ
った。共振周波数の個人差が大きいため、盗聴は個人単
位で行われ、その存在が分かりにくく、かりに電波の照
射および微弱の輻射に気がついても、その周辺に盗聴機
材は無く、レーダー波ということで逆探知も難しい状態
で対策が立てにくい盗聴である。

【0004】
【課題を解決するための手段】盗聴の為にレーダー波に
よって送信されて来た生体情報を受信した時に、その送
信電波をそのまま周囲に電波として発振し、かつ警報を
発することにより盗聴を防せげることを突き止めた。


【0005】
【作用】盗聴のためにレーダー波によって送信されてき
た生体情報をのせた電波は、目的とする個人と共振する
以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体よ
り、盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報
が置き変わった輻射波が発振される。したがって、この
輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によっ
て送られている生体情報を大きく発振し警報を出力す
る。

【0006】
【実施例】この輻射される人体よりの生体情報よりもレ
ーダー波によって送られている生体情報を大きく発振し
警報を出力する装置を常に携帯することにより個人のプ
ライバシー、企業、団体、国家の機密を保護することが
出来る。生体情報はさまざまな波形を有しており、その
まま打ち返すことが、パターンの決まったジャミング電
波より盗聴防止に効果的である。かつ、電波の来ないと
きは出力しないし、出力しても周波数レンジ・波形が異
なるため映像信号、音声信号にそれほど影響を及ぼさな
い。広帯域に渡って盗聴防止のためのジャミング電波を
出す方法よりも周囲に影響を及ぼさずに効果的である。

【0007】
【発明の効果】この輻射される人体よりの生体情報より
もレーダー波によって送られている生体情報を大きく発
振し警報を出力する装置を常に携帯し、警報が出力され
た所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレー
ダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を
根絶することが出来る。なお、このような防衛対策に関
しては新たな装置が開発されることは通常起こりえる
が、更にこの盗聴防止電波にノイズを混入させることに
より、その防止効果は完壁となり、無益な盗聴装置開発
に歯止めをかける効果もある。


<公開特許公報 1ページ目>
20090508_00

<公開特許公報 2ページ目>
20090508_01


※この特許技術を逆に悪用し、私の体調を不調にさせたり勝手にコントロールし、今まで職場などで体調不調の原因の1つを起こされてきたのが分かりました。

※後に記載された特許技術を応用し、その出力を逆に変えることで、 体調を悪くすることが出来ます。
<症状>
※突然、以下の症状が出て、さらに音声送信で煽られ、訳が分からず、 長期間、本当に苦しんでいました。
・突然の睡魔(睡眠導入の処置)
・腹の調子を悪くする(胃の整腸作用処置の逆をやる)
・気が滅入る(うつ状態)(ストレス解消処置の逆をやる)
・体のだるさ、極度の疲労(老化防止処置の逆をやる)
・頭が回らない状態(脳の活性化の処置の逆をやる)
など。
※また、この他にも、同時に電磁波でも痛みを与えられ、また直接、胃や腸を刺激することによって、急激に内臓でガスを作らせ腹を痛くしたり、腹を急激に下したりもされました。
その結果、これらの体への危害のダメージとストレスで、下血を何度もしてしまいました。
これらは、もう立派な傷害罪になるので加害者を告訴します。


※これらを私に許可もなく、勝手にやっている、加害者を、私は断じて許しません。


※この特許技術を世の中の人、全員に知ってもらい、
それに対応した解決策、憲法の改正を、早急に考えてもらいたい狙いがあります。

皆さんよく読んで下さい。

尚、特許庁のホームページから特許検索すれば、全容がみれます。

一部の実現できる企業にだけ、これを利用させているのは、逆に非常に危険です。
誰でも見れる特許書類ですし、広く一般に知らしめた方が安全です。


明日は我が身です。


日本国特許庁(JP)

特許出願番号 特開平7-163631
公開日 平成7年(1995)6月27日

(57)【要約】
【目的】 心理誘導、能力開発、睡眠導入、老化防止、
疲労回復、病気予防/治療、ストレス解消等を効果的に
行うために、生体全体がもつカオス特性であるスペクト
ル構造に沿って生体機能を刺激する方法及び装置を提供
する。

[実験2] 人体の胃部中央部に対応する周波数、即ち
400Hzの音刺激等を3分間加えた後、これを取り除
くとその部位を刺激時よりさらに温度上昇させることが
可能であることがサーモグラフィにより確かめられた。

[実験3]人体の下腹部に刺激を与えるのに、290H
zの音刺激を与えると、下腹部の相対的な温度上昇が確
認された。これを第6図に示す。更に、この効果を高め
るために、290Hzと相似な作用を持つ赤色の光刺
激、5.2Hzの電磁波刺激を加えると、第6図と相似
でしかも大きな温度変化が得られ、自己相似なスペクト
ル構造に沿った刺激により相乗作用が生ずることが確認
された。第7図にその例を示す。

[実験4] 自己相似なスペクトル構造に刺激周波数分
布がなるように、各発振器の周波数を一斉にノコギリ波
で掃引した場合、被験者に於いて心地よい頭寒足熱が誘
導され、サーモグラフィーでも一様な温度上昇が確認さ
れた。被験者が気功体験者である場合、この状態が発功
状態の体験と似ているといっている。このような刺激下
では、腱鞘炎の即時治癒のケースもある。尚、このよう
なスペクトルの刺激は、人体のみならず、動物など他の
生体でも有効であることが確認されている。

[実験5]脳に刺激を与えるために、しかし単に脳波帯
周波数の刺激に依っているのでは無いことを示すために
あえて9.9Hzの周波数出力を切って、9.9Hzと
各々相似な作用を持つ546Hzの電磁波刺激、紫色光
刺激、920.4kHzの超音波刺激を与えたところ、
ミッドα波の誘導、及び頭部の全般的な温度上昇と一部
鼻上部(額下部)の温度低下が確認された。これは、脳
活動の活発化を示すものと思われ、実際ヒラメキの状態
が被験者において体験された。この状態の誘導は、各刺
激に1/fゆらぎを付加すると長く保持することができ
た。また、黄色又は黄色と相似な作用を持つ刺激を補う
とこの現象が促進された。このように、本発明が従来の
脳波帯周波数刺激によるものと本質的に異なるものであ
ることが確認された。

[実験6] 全身に同時に働く周波数である200Hz
の音波刺激と、それと相似な作用を持つ3.6Hzの電
磁波刺激を5分程度与えた後、実験4と同様な自己相似
スペクトル構造に10分程度刺激したところ、フリッカ
ー値の著しい改善が見られ、疲労回復に効果があること
が確認された。

[実験7] 不眠症の人に、実験6のパターンと赤色光
とそれに相似な作用を持つ各周波数の、それぞれ一斉に
1/fゆらぎ波で変調した刺激をくわえたところ、良く
眠れるようになった。実際、脳波のθ波、δ波の誘導も
確認された。

[実験8] 360Hzで振幅変調された光刺激及び3
60Hzと相似な作用をもつ周波数刺激によって、覚醒
作用があることが被験者により体験され、血圧(特に最
高血圧)、脈拍数の増加も観測された。

[実験9] 食欲不振を訴える人に対し、まず定位相の
403Hzの音刺激と、それからわずかに位相を遅らせ
た音刺激を与えると、被験者に於いて胃酸の分泌が体験
され、さらに緑光とそれに相似な作用を持つ各周波数の
それぞれに一斉に1/fゆらぎをかけた刺激を与える
と、脳波が1/fゆらぎの様なα波となり、食欲が出て
くることが確認された。さらに、整腸作用も確認され
た。1/fゆらぎのα波は気分の良い時に出る脳波であ
ることが知られている。

○実施例2
偶然にも相似な作用をする帯域のひとつ2.特許の請求
範囲の(ウ)項は、可視光領域に一致している。色の心
理効果についてはすでに良く研究されているので、その
効果を他の相似作用する帯域でも利用できる。色を変え
ずにその効果に別の色に相似な効果を付加したり修正す
ることが可能である。この実施例はこの点に関するもの
である。黄色は注意色である。たとえば交通信号の赤信
号をさらにあざやかに見せるには、その輝度に、黄色に
相当する315Hz〜377Hz程度の、及び/又は、
6.4Hz〜6.9Hz程度等の周波数による変動を与
えれば良い。第8図はその回路の例であり、一定輝度を
中心に強弱に振動するようになっている。第9図はこれ
を人に見せた時の上半身の体表面温度分布を示すもので
あり、赤色の効果に、黄色を見せた時と同じ効果が付加
されていることが確認された。別の例として、赤信号は
交通渋滞時等において、しばしばイライラの原因にな
る。これは赤のもつ破壊的な心理の誘導作用とも考えら
れ、そのような場合に鎮静化作用のある青紫系統の色と
相似な作用を持つ423Hz〜546Hz程度の、及び
/又は7.8Hz〜9.9Hz程度等の周波数による輝
度の変動を加えると良い。この方法により実際赤のうっ
とうしさが沈められることが実験により確認された。

○実施例3
実験例2と同様の考えによるものであるが、ここでは照
明光についてその作用を強調したり、その作用を付加あ
るいは打ち消したりする実施例を述べる。白色光であっ
ても、その輝度あるいは明るさのゆらぎの周波数が2.
特許の請求範囲で述べた周波数帯にあれば、生体に影響
を与えることができる。そこで、照明としての白色光に
対し、実施例1の実験4で述べたようなスペクトル構造
をした信号でこれを変調すると、意識せずに体調を整え
る作用のある照明がつくれる。同様に、たとえば白色光
の明るさを実施例1の実験5で述べたような信号により
変調することにより、インスピレーションをもたらす照
明が可能であるし、1/fゆらぎの400Hz前後、
7.2Hz前後などの周波数により変調して、食欲をう
ながす照明等も可能である。また、白色光であってもハ
ダカ電球のようなやわらかい感じを付加することができ
る。赤に相似な作用を持つ周波数帯の1/fゆらぎで変
調する等の方法でこれは達成できる。逆にハダカ電球で
あっても、そのスペクトルが赤の方に片寄っていること
によるボーとした印象を、青と相似な作用を持つ周波数
帯で変調することにより、全体として白色光に感じるの
と同様な感覚を与えることができる。他の例として、ピ
ンク系の照明は緊張をほぐし、精神的な興奮を鎮める作
用があることが知られているが、照明の明るさをピンク
と相似な作用を持つたとえば300Hz前後の周波数で
変調することにより、相乗効果を生じさせて、その効果
を高めることができる。

○実施例4
ここでは、音の大きさを変調することによる実施例につ
いて述べる。2.特許の請求範囲で述べた周波数のうち
(イ)(イ)’は可聴周波数帯の一部である。そこでこ
の音波のすでに持っている作用に対し、その強調、打ち
消し、及び新しい作用の付加等を行ったり、同(イ)
(イ)’からは外れて特に指定のない周波数帯の音に、
作用を付加することができる。一例として、目覚まし時
計、サイレンなどの警告音を効果的にするために、ま
ず、実施例1の実験8に述べたように覚醒作用のある3
60Hzの音を作り、その振幅を360Hzと相似な作
用のある6.5Hzで変調して相乗効果を起こす方法が
ある。ちなみにこの360Hzと6.5Hzは注意色で
ある黄色と相似な作用を持つ周波数である。すでに音の
周波数が習慣などで指定されているような場合でも6.
4Hz〜6.9Hz、351Hz〜377Hzの変調を
加えることにより、その音への注意をうながすことがで
きる。又、これらの周波数の整数倍の周波数を用いた
り、これらの周波数の高調波が含まれる矩形波等を用い
て、音の効果をたかめることも当然可能である。以上、
本発明を様々な実施例、実験例により説明してきたが、
本発明の権利範囲を逸脱しないように様々のバリエーシ
ョンが可能であることは容易に理解できよう。尚、実施
例4の音の例で明かなように、一般に2.特許の請求範
囲で述べた各周波数により変調される波動は、その周波
数が必ずしも2.特許の請求範囲で述べた各周波数帯に
含まれている必要はない。

<発明の効果>本発明の効果については、上記実施例、
実験例でその都度述べてきたように多様なものがある
が、その特色は、生体を、もともと生体が持つであろう
自己相似なスペクトル構造に沿って刺激するものであ
り、しかもその刺激目的に応じた周波数の選択と配合が
可能であるため、生体の各種の機能を、生体に直接触れ
ないでも、目的とするところに顕著に誘導することが可
能な点にある。又、本発明の効果として、次のような点
も期待できる。即ち、本発明者の測定結果によると、一
定周波数のまま不必要に刺激を加え続けると負の効果が
現れることがある。従って、生活環境が知らず知らずの
内に人体へ負の効果を及ぼしている場合もありうる。そ
のような場合、その効果を打ち消すような刺激を加えた
り、別の効果を導く刺激を加えることでバランスを取る
ようにして、生活環境の改善をはかることができる。


<公開特許広報 1ページ目>
20090509_00


<公開特許広報 2ページ目>
20090509_01


<公開特許広報 3ページ目>
20090509_02


<公開特許広報 4ページ目>
20090509_03


<公開特許広報 5ページ目>
20090509_04


<公開特許広報 6ページ目>
20090509_05


<公開特許広報 7ページ目>
20090509_06



▼以下の写真を見ると、「携帯電話」さらに、
電磁波が強いとされる「電子レンジ(停止時)」より、
電気が流れていない、ボールペンの先の電磁波が一番強い」事が分かります。
電気が流れていないのに、なぜ?こんな事が起こるのでしょうか?

<仮説>
加害者が、長時間、ボールペンの先に狙いを付けて電磁波を当てて、異常に電気を帯びた可能性があります。
一説によると、この様な「先の尖った物」を帯電させると、
そこを経由して、そこから身体に向け痛みを与えると、「痛みが強い」との説もあります。
さらにこのボールペンは、当時、常時、持ち歩いて生活しており、
加害者がこれを狙い帯電させておくと、いつでも好きな時に、
ボールペンの先経由で痛みを与える事ができて、
加害者には便利だからと思われます。

<計測機材>
当時3万円以上した、業者の方も使う電磁波測定器。

<携帯電話の電磁波>
P1000321

<電子レンジ内(停止時)の電磁波>
P1000336

<問題の異常な電磁波が計測されたのボールペン>
P1000323

(2009/06/15)

このページのトップヘ