〇精神医療について(急)


DENEBU7 Twitter 2011/12/6より

#important
国がテク犯と人的嫌がらせ(集スト・ガスライティング)認めてない→犯罪被害ないと思われる→情報ないと思われる→TVでも電磁波・電波放送禁止用語で関連番組やCM出ない(噂40〜50年)→国の厚生省にも情報入らない→精神医療にも情報入らない→先生は知識の範囲内で 続
posted at 11:03:51(17:24修正有・と思われる!)
診断するしかないとの傾向かと。→受ける方はそういう点もあるので自分でよく考えて場合によってはお薬を断る、やめることも必要だと思います。「数年飲み続けて」等をそのまま言われるように受け入れると、頭の動きと感情50%で仕事や生活続けなければいけない等というのが出てきてしまう確率有。続
posted at 11:06:35(17:24修正有)

本当に嵌ってしまう点有。→しかし被害酷ければ、加害者を相手にしない意味でも薬のみ生活し、重要なのはきちんと国がテク犯と人的犯認めた時に先生や国を訴える気持ち無いと駄目だと思います。続
posted at 11:09:49
それができないなら、一切薬飲まないか、本当に危険な精神時期過ぎたら(睡眠確保や気にならなくなったら(@カヤ))飲まないのも手かと思います。
posted at 11:10:50
それができないなら、一切薬飲まないか、本当に危険な精神時期過ぎたら(睡眠確保できるようになったや気にならなくなったら(@カヤ))飲まないようにすることも考えないとやらないと駄目だと思います。
posted at 11:12:03
兎に角、国はテクノロジー犯罪(電波や電磁波や音波や超音波など見えない媒体を使った犯罪)と人的嫌がらせ(集団ストーカー・ガスラティング等)を公に全国民に認める発言を今すぐして欲しい!(念)そうすれば変わる!
posted at 11:14:40
追記
日本は米国より、体格は小柄なのに、処方される薬は海外より多いとインターネット情報できいたことあります。わざと薬づけ、扱いがデリケート・・・などいろいろ考えられると思います。あと一番凄いのは、精神病は実はないと言う話もきいたことあります。続
posted at 11:17:40
要はショックを受け回復するまで(気にならなくなるまで!)の誰でも起きることで、本当はもともと薬などいらない…という可能性もあると思えます。要は睡眠不足・栄養偏り(不足)が回復でき、問題解明や解決などが進めば自然復帰可能なのでは?と思います。個人的には運動不足も(笑)
posted at 11:24:20
追記 要は話をきく強い人が、「肩でも強く叩きながら、気にするな!気にするな!いざとなったら警察でも付き合うぞ」、「気にしなくていいわよ、気にしなくていいわよ、必要なら警察に書類出すのつきあうわよ」、それだけでいいのではとも現在思えます。
posted at 11:27:10
逆に病院で雰囲気もありメンタルレベル自然とさがり、さらに先生が心から思っていることいって下さいみたいに気持ちを吐かせ、大の大人が気持ち弱く(優しく)なったところに、先生が強気で「お薬飲んだほうがいいですよ!」とこられると、誰でも「はい」と受け入れているのではないかと思います(和)
posted at 11:30:52
電磁波、電波、つきまとい、まちぶせ、集団ストーカー、ガスライティングあるかもしれないが、気にするなといってもらえるといいと思います。いろんな人今居るからと。
posted at 11:33:03
家族や仲のいい人は下手に触るより、専門のよい医者に見てもらったほうが安全と思うこともありそうで、それが先の犯罪の情報が全く無い先生の言うこと鵜呑みだとこの犯罪は怖いかもしれません(!)。一度薬のみはじめると数年は飲んでと言われる傾向、昔は長かったとおもうので。続
posted at 11:39:51
思うと、数年ごとに少し休みまたその人物に犯罪被害を繰り返す陰湿な加害者の情報よくきくことあり、これ病気と思われ症状がぶり返すと「勘違い」されないかと危険に感じています。
posted at 11:43:16
精神医療の先生は医療の知識あるので、専攻だけを取り直して別の種類のお医者様になることを気楽に考えれば楽ではないかと思います。または命のダイヤル?担当とか。どうでしょうか?
posted at 11:48:05
個人的に犯罪被害絡めいろいろあり言わせて貰ってます。ご理解くださいませです。
posted at 11:58:43


2011年12月6日