DENEBUのブログ(最新版)

「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行


「表現の自由が強く厳しくなる訳じゃないと思います、人権救済機関設立(救済法制定)は、」

人権救済機関設立(救済法制定)は、全ての表現の自由が奪われ、言いたい事が言えなくなると思われていると思いますが、酷く弱い立場の人に迷惑をかける、酷く誤ったり偏った製作物についてのみ、質問や酷い場合は家宅捜査などが行われる可能性あるだけで、全てが全て指摘されたり圧力受けたりは無いと思います。

そこまで何から何でも指摘する馬鹿な救済法や救済機関ではないと思います。

元々、「弱い立場の者を助ける法」であるなら、弱い人に強い立場から強い文句を言う人だけが、取締りになりえるのでないかと思います。
例えば、通常なら名誉毀損や侮辱罪で訴えられるのに、年齢(未成年)や言語(外人)や資金や立場(無職)や未だ世間に認識を得てない犯罪被害者などの条件による弱い立場から、訴えられず困っている人などを救済したりする物だと思います。

「テクノロジー犯罪」や「人的嫌がらせ犯罪」被害者は、怪しい住居や建物や施設があるのだけれども、証拠も無く被害者自身や警察が家宅捜査などが出来ない現状に苦しんでいると思われ、その様な時などに私は「弱い者を助ける救済法、救済機関」があって欲しく思っております。

新しい犯罪で未だ法律が甘く警察が動けない時などに、代わりに弱い立場の被害者を助ける機関として、多くの被害者は、あって欲しい機関や法かと思っていると思います。

早々


2011年8月5日(金)
堀江一敬

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット