○先を見越して、スポーツ業界発展の為に、すべての競技に健全な「くじ」の導入を!

・現代の情報化社会において、情報を制するものが大きな利を上げる中、国民も仕事や私生活において、PCや携帯を使う頻度が増しており、このままだとさらに顕著化、長時間使用による運動を嫌う気持ちや運動不足により、健康が損ねることが懸念される。少子化にも影響もありえる。

また、子供100m走の平均記録も近年、昔よりも遅くなっているという情報があり、それらが本当であれば、このまま行けばさらにスポーツ競技をやる人の減少が心配される。その為に、スポーツに少しでも目をむけてもらい、楽しむ気持ち、体験する気持ちを持ってもらうため、宣伝、設備投資費も含めスポーツ業界がさらに発展するように、多くの利と安定した運営を見込める、「くじ」を平等に全競技に導入して欲しい。

人々が熱狂し見ることにより、自分も参加しよう、やってみようとの熱効果が考えられる。


・八百長(無効試合)など賭けに大きく関する事も一切なくす対策も。買収や賄賂などは業界全体で必ず断るように指導。健全な試合を。試合に健全さと真剣みが出て、見ている者に安心した試合観戦とスリルを味わって貰える可能性。
・借金問題について、近年、年収の3分の1以上は借りるのが難しい政策ができたようで、抑止にはなっていると思われる。
・さらに窓口などで購入する際、携帯電話みたいに、「今月の設定額の●万円を超えました。購入しますか?」などとアナウンスして、1工程入れて、安全をみる案はどうであろうか?
・販売がつぶれてしまい元もこうもなくなってしまう確率がある、問題の偽造対策、セキュリティ対策も視野に入れる。

2011/2/18 23:26
(※公開タイムスタンプの年表示は文章を下げる為にあえて変えております)