【改訂5】■税金に対して抜本的対策

税金滞納、税金種類多くてわけ分らず、何処に行っても税金税金税金、若者の少子化、高齢者の増大による若者への税金の負担増大などの問題を考えて、

消費税を30%(食料別)にし、他の税金を全部無くす抜本的な政策をして欲しい。

要は、一般人は物を買う、サービス利用する時などに消費税払うだけで、他に税金を払わなくて済むようにする。

若い人やお年寄りに理解を得られ、「わかりやすくやさしい新税金制度」を御願いします。


2010・12・06

※30=マ


追記
100円→130円

1000円→1300円

10000円→13000円

となりますが、これで行くと、税金滞納が0になり、「物を大事にする世の中の流れ」になると思います。

物を大事にすると言うことは、「環境を考えたエコ、省エネ」にも繋がると思います。


2010・12・06


追記2
都(県)民税・市民税・所得税・ガソリン税・たばこ税・相続税・国民保険税・年金等が、

「消費税1つ」になりえます。


2010・12・06 23:50

※一部見直し=マ