今でも続いています。奴隷制度は・・・

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=SuAKZFqZwwE&feature=player_embedded


「テクノロジー犯罪」の被害者の生活は、無断でどこに行っても、
「24時間監視」され「プライバシーが無く」、「音や声を聞かされる」「映像を見せられる」「体を痛くされる」「体の体調を変えられる」「生殖器を弄ばれる」「精神をコントロールされ自由な精神を持てない」「思考を抜かれる(調査される)」「人的な嫌がらせに会う」などを「強要」されており、
さらにそれらを「防げない」「止めて貰えない」と言う、周囲の人には目立ず分りにくいが、「一般人の普通の生活とはかけ離れた拘束状態」にある。


例えるとそれは、
「奴隷が拘束着や足に重りをつけられて、足かせをつけられて生活する」
のを強要されているのと一緒であり、


「生かさず殺さずの生活」を長期間強要されると言う、「奴隷的拘束」を受けていると言える。



一刻も早く、「新しい時代の新しい奴隷の解放」をして欲しい。




【関連リンク】
「世界人権宣言」(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
「外務省:世界人権宣言」
日本国憲法 第18条 奴隷的拘束及び苦役の禁止