■私は、水戸で4年の間に、不可解な解雇理由やテクノロジー犯罪や人的嫌がらせ(集団ストーカー)などで、6回も仕事を失ってます。(更新20回目)

殆どが全て6ヶ月以内に辞めさせられており、失業保険を貰える前に辞めさせられている傾向があります。その事からも加害者が仕事に介入し、さらにガスライティングや何らかの圧力を用い、狙って退職へと追い込んでいる確率が高いと思われます。
また、後日記載しますが、面接を受けている会社の数も尋常ではないです。
(今の資格等を持っていて面接がうまく行っても落とされることが続いています。)

現在、思考盗聴レベルが酷く、仕事を続けられるのが難しい状態です。
何か良い仕事がありましたら、ご紹介下さい。



【被害歴】
※某ゲーム会社の件は、会社の関係者の方は関係ありません。一部に変な噂がありますが、誤解なきようお願い致します。(あるとすれば善意を悪用されたと見ております。また、現在は、女性集団ストーカーのエリアの広さが要因だと思っております。)

2005年10月〜2006年12月(1年2ヶ月)
警備員
結婚し、仕事に全力を注いでいたが、仕事上で、長期間に渡り、不可解な事柄が起りだし、不可解なわいせつ物事件や、お客様を主とした異常な多さの人的トラブルが起き始め、気を病み休職。そして退職へ。(ガスライティング可能性高し)

2007年5月〜2007年10月(6ヶ月未満)
通信販売機器販売会社
(工事・インターネットカスタマーサポート・ホームページ作成など)
結婚をしていたが、家でも会社でも、訳の分らぬ、テクノロジー犯罪や人的嫌がらせ(集団ストーカー)が起き始め、対処に終われ退職。(ガスライティング可能性高し)

2007年12月〜2008年4月
この間、ステップアップを望み、以下の会社を吟味し応募、面接を受ける。
・ゲーム機メンテナンスの仕事
・デザイン会社
・派遣のPCの仕事
※特に上のデザインと派遣の仕事は、面接の結果は良かったのに(派遣は「もっといい仕事紹介します」と具体的に言われる)、落選すると言う訳の分らぬ事が起り、思い悩む。
これらは、加害者が、建前は「その人にもっといい仕事を紹介してあげて」などと、会社に直接か間接的に介入され、就職を拒まれた噂あり。
(またこの間に、加害者からの計画的なガスライティングにより周囲から病人と思われ、離婚や人体実験を進められた可能性が高し)


2008年4月
離婚

2008年5月
インターネットテレホンアドバイザー(1日)
数ヶ月の間(恐らく離婚や人体実験を進めた期間)、「就職をしたら被害を止めてやる」と加害者が言っていたにも関わらず、研修を始めた1日目に、酷い被害を受け「お前の得たお客様情報を漏らすぞ」などとの脅しを受け、先を考え、泣く泣く自主退職。
前の仕事の経験が役にたつと思って、非常にやる気があり、全部仕事を覚えてやるとのやる気があったにも関わらず、退職に。
その後、何度か求人広告があり2度程、応募すると、「一度辞めた方は、もう働けません」との訳の分らぬ断り方などをされ断念。

2008年7月
NPOに参加し始めた3日後に、
精神病院入院

(おそらく加害者関係者の「その人を治してあげて」などの善意を悪用した圧力)

2008年9月
被害が弱まり(薬ではない)、今までの多くの被害を思い出しショック状態になり、死について考えることも。
(その落ち込んでいるところを、「とある心の拠り所」を餌にされ、加害者から酷い被害を受け猜疑心をもっていたにも関わらず、再度釣られるハメに。鬼畜としかいい様がない。)

2008年12月〜2009年5月(6ヶ月未満)
パソコンサービス(某電気量販店内)
資格取得数日後に、突然、私のブログが元で納得が行かない解雇の話をされ、話し合いの結果、納得し退職。
(その後、関係者とは電話したりする事もあって、酷いトラブルにはなっておりません。)
(ガスライティング可能性高し)

2010年10月〜2010年12月24日(3ヶ月未満)
水戸公設市場
突然、納得が行かない解雇の話をされ、労働基準局に間に入ってもらい相談を続けましたが、あっせんの話し合いに応じてくれず、これ以上やると、1年以上の裁判になる場合があると判り、私が解雇予告金を受け取り終了。(ガスライティング可能性高し)

2010年3月11日(1日)
警備員
研修を受け勤務を始め、1日で仕事中に酷いレベルの思考盗聴被害を受け、情報漏えいを危惧し、泣く泣く、自主退職。(メモ:ヤシの木)


【注意喚起(特に被害者の皆様へ)】
6ヶ月以内に何らかのトラブルが勃発し、辞めさせ様とする圧力が働いていると伺えます。
本当に収入がなくなると苦しみ、足元を見られたり、餌を巻かれたりし、簡単に加害者にコントロールされる確率が高いです。
「その時の、気になる事・心の拠り所」に注意。その事やその人物を使ってうまくコントロールと思われる。ガスライティングの基本にある「その人の上の立場の者」・例:仕事では毎回、私の上司に音声送信がついて善意を悪用され、コントロールされている様に思える・※ガスライティングとテクノロジー犯罪(音声送信など)を混ぜた犯罪・長年に渡り国やマスメディアなどが取り上げないせいで、裏でこれ程、小慣れてきてしまっていると思われる。早期の対応をして欲しい。
昨年11月の「第3回東京テクノロジー犯罪被害のフォーラム」でも、発言の場を設けて頂き、第一優先事項として、被害者の方に話させて頂きました。

仕事上のトラブルは、もよりの労働基準監督所などで相談を受け付けてもらえるので、何か問題に困ったら相談してみることをお勧めします。
ただ、善意を悪用した圧力(ガスライティング)の調査は現段階では難しい状況です。自殺の要因の一つにも繋がる恐れあります。大きな被害が出てからでは遅いです。国やマスメディアの方、取り上げて下さい。
原因不明や納得が行かないまま辞めると、私の様に後で、長期被害に気づき、苦しみます。
悩む前に早期に友人や上司や最寄の機関に相談し、結果を出すことをお勧めします。
(雑談レベルで終わらせないのが得策だと思えます)

加害者は、もう私の関係する人や企業に、連絡や介入しないで下さい。
また、「なんとなく」も、止めて下さい。


早く、「テクノロジー犯罪や人的嫌がらせ(集団ストーカー)が無くなり、普通に働ける日が来ればな」と切に思います。