■今までの流れ

※私の体験と、何人もいる、神の声(現音声送信)の声優の中に、事情を話してくれたり、
味方になってくれる人から(善のキャラクター)、情報を得て、長期に渡って書き留めたものです。


2006/07
水戸内原のアパート、アルカディアハイツ202で、奥さんと籍を入れ同居を始める。


2007/12
施設警備の仕事を退職。


2007/04
「アルカディアハイツでの実験(嫌がらせ)〜」

電話工事会社に入社。

この頃からアルカディア202で不可解なことが時々あった。
▲この頃から、某レコード会社Aの氏指導の下、
アパートの下の階と横の階から、「神の声や本音の声(音声送信)」の電磁波実験に使う無許可の盗聴データを収集していたとの事(奥さんとの夜の生活音も)。
▲特殊な電磁波が私の脳に認識されるように、いろいろと夜中、寝ているときに、人工的にニワトリの鳴き声をたてたり、下の部屋からから低周波などを出され、いろいろ実験され、朝、起きると頭がすごく重く、不安で調子が悪い日々が多々あって苦しむ。
▲下の階からや横の階から、トイレを終えて流したり、雨戸を開けたとき、「かわいい」と言う女性のほのめかしの声がタイミングよく度々あり、不安で不愉快になる。
(これは、氏の友人、氏が隣人に頼んだ悪戯だったらしい。) 


2007/08
「引越し」

隣や下の部屋から仄めかしが多くなり、部屋に挨拶と尋ねに行ったりするが、異常なく、それでも続いたため、
隣接した部屋に音を気にせず住め、これから増えるかも知れない家族の事を考えて、近くの借家に引越す事にした。


2007/09
「引越し後、2日目から変な現象」

藤田リン住宅南の借家に引越す。

引越して2日目から、家の周りや部屋で、音を使った実験を開始される。
変な音や変な現象が起き始め、せっかく引越してきたのにと不安になり、屋根裏や家の周りを見回る事が度々あった。

この頃から、某レコード会社Aと勤め先の電気通信機器会社が絡みだし、某レコード会社Aから、が派遣され、私の今までの情報をインターネットラジオで放送し、それを聞いた人から、さらに情報を集め、それを元に接触をはかりだしたとの事。


2007/11
「結婚式→変な現象→結婚式後1週間で奥さんと別居→事件→退去」

「神の声」や「本音の声」(音声送信)の実験が私に対して、無断で開始される。
(詳しくは、事件の発端となった11月の出来事を参照のこと)

11/04 奥さんと結婚式を挙げた。
11/中 神の声(音声送信)や変な音のトラブルにより、奥さんが実家に帰り、私が藤田リン住宅南に残り、別居を始める。
11/下 O&I氏の嫌がらせにより、隣の借家との神の声(音声送信)によるトラブルがおき、借家から退去を命じられる。


2007/12
「神の声(音声送信)の脅しと実験(嫌がらせ)が本格化」

私がお金を節約するため、水戸の私の実家に戻り、奥さんも奥さんの実家に戻ったまま、完全別居の生活が始まる。

神の声(音声送信)による脅しや、体の一部が痛む、特殊な電磁波を使った人体実験が開始され、訳がわからず、脅しに耐える、苦しい日々が続く。
無断で実験やるなら、契約書を書いてくれというが、聞いてもらえなかった。


2008/01
「実験(嫌がらせ)に対して、不安と怒り」

人体実験(嫌がらせ)が頻繁になり、神の声(音声送信者)がプロらしき声優さんに代わる。

01/下 絶対やらないでと何度もお願いした、奥さんにも、特殊な携帯電波を使った人体実験を始めてしまい、内出血をしたとの話を聞き、泣いて怒り、そのもつれから、某レコード会社Aとの関係がおかしくなる。

人体実験をされて長いので、私の体が調べつくされており、特殊な携帯電波で殺せる(脳波停止できる)と脅され恐怖におののきながら、事件を知ってもらって世論に味方してもらおうと、駅前でビラを配ったり、泣きながら、たくさんの新聞社にFAXを送ったり、新聞社に取材をしてもらいにいったりした。

01/下 実験を終わりにするという、水戸の開発公社でのまとめの話しや示談金の話をされるが、まとまらないまま、2月下旬に終わりにすると、勝手に延長される。


2008/02
「離婚の話、進む」

奥さんから、2度ほど、離婚の話をされる。
その際、藤田リン住宅で起きた事件で、私が病気になっておかしくなったのが原因と思っている奥さんやその母に、私が「神の声」や「本音の声」(音声送信)、「人体実験(痛み)」に2ヶ月以上苦しんでいることや、奥さんが実験されたのが許せず、私と奥さんに為に、殺されるかもしれないと思いながら、私が奥さんの為に取った行動が理解されず、泣けてきてしまった。
また、2度とも、途中で藤田リン住宅で起きた事件の真相を、O(または2号)が話の途中に、説明しに着てくれるとの話を、神の声(音声送信)から何度も聞き、神頼みの状態でずっと待ったが、来てくれず、離婚の話が進んでしまい号泣。
11月から、何度もを信じたのに、何度も何度も大事なときに来てくれず裏切られ、O(または2号)を非常に憎むようになる。
2008/12/11 追記:この時は、音声送信者が嘘をついていると信じられなかった為、O(または2号)本人が、嫌がらせしていると思い憎んでいた。何度も呼ばれて某レコード会社Aに行ったが会えなかった事も憎しみを増幅させる一因になってた。)

下旬 実験を終わりにするという、水戸の開発公社でのまとめの話しや示談金の話をされるが、まとまらないまま、3月に終わりにすると、勝手に延長される


2008/03
「某レコード会社A&3人のアーティストへの思い、決別」

ここから、神の声(音声送信)に、氏(当時は、本人と声優の区別がつかなかった)が、&I氏の変わりに、頻繁に話すようになったが、しょっぱなから、&I氏の時と同じように、その声に騙され、東京まで行くが会えずに、氏に不信感を持ちだした。

神の声(音声送信)が嫌になり、北海道まで逃げて行った時、ホテルで、きつい恐怖の実験をされ、これで実験が終わり、話がまとまるかと思えたが、そこに数泊して欲しいとのK氏の声を聞き、また、恐怖の実験をされたらたまらないと思い、帰宅する。

03/14 今度は、奥さんとそのお母さんにも、人体実験をしてしまったとの話を聞き、激怒。それから、国会議事堂や警視庁、水戸警察署と訴えに行き、某レコード会社A&3人のアーティストへの思いが決別する。
その日から、人体実験と声優さんの煽りが酷くなる。


2008/04
「籍を入れてから、1年9ヶ月で離婚、復讐」

04/初 からの煽りとトラブルを避けて、九州方面旅行に行ったとき、夜中に、三木サービスエリア(兵庫県)でを含む、大規模なイベントがあったが、イベントがまとまらず失敗。
その後、自宅では、人体実験、神の声(現音声送信)の嘘や煽り、脅しが酷くなり、私もどうにもならなくて、何度も警察に相談しに行く。

04/18 奥さんと最後の離婚の話をするが、最後に私が、11月から今までの神の声(音声送信)問題が、伝わってなく誤解があると思い(精神病と思われていると思い)、説明しようとするが、3人に反対され、離婚を3度も待ってもらっていたので、仕方なく諦めて、離婚することを決める。(以前、奥さんに、クドクド説明して、もうしないでと嫌がられたので、諦めた)。

04/19 離婚する原因を作った、を殺しに行こうと、名古屋のライブ会場に向かう(しかし、浜名湖SAで3時間青空を見上げ、途中で思い直す)。

<離婚する原因を作った、を恨んで殺そうと思った理由 (2008/12/11、その時を思い出して追記)>
・私には、音声送信で、「Oがふざけて1億6千8百万円あげるから旦那と離婚して」と、奥さんに話を持ちかけ、まだ若くて幼い部分がある奥さんが少しお金を渡され、本気にしてしまい離婚を決めたと、音声送信に出てくる信じていた善のキャラ(中国おばさん?)に、何度も何度も繰り返し繰り返し話され、信じてしまったから。

・2007年11月の藤田リン住宅で私が嫌がらせを受け、起こした問題の原因を、O&I(その時の責任者?(某携帯電話会社Aと某レコード会社Aの?))が奥さんや奥さんのお母さん、私の父に説明してない為、説明不足で誤解され、奥さん達に、私は精神病になり頭がおかしくなったと諦められたと思ったから。

・この時点では、O&Iが藤田リン住宅で、嫌がらせを私にし、話が大きくなり、やばいので、みんなに事情を説明していないと何度も音声送信で言われてたから。

04/21 理由があり、朝早く奥さんに会いに行くが、実家のベルを何度鳴らしても出てこないので、おかしいなと思っていると、神の声(音声送信者の信じていた善のキャラ(中国おばさん?))に、「部屋に親戚と一緒に隠れている。私に色々嫌がらせをしてしまったので、怒られると思って出てこない。隠れている。」などと、奥さんに怒りを持つように、音声送信に煽られ、さらに奥さんを憎んだ。(2008/12/11追記→離婚した後で、音声送信者に騙されていたと分かった。)

04/22 離婚届提出→受理。


2008/05
「6ヶ月に及ぶ就職活動後、就職→嫌がらせで1日で退職」

某大手電話会社のグループ会社に就職合格
合格の日、一人で昼食お祝いするが、神の声(音声送信)曰く、電話会社のグループ会社の人に携帯電波を使った強い痛みの嫌がらせを昼食後にされ、また、帰りに自宅付近で私に向けられた強い携帯電波で意識が変になり、頭の中に違和感を覚え、救急車で病院に運ばれる。

05/06 実験をやめて貰おうと、関係または事情を知っていると思われる、某レコード会社A、声優所属某事務所A、携帯電話会社D本社、携帯電話会社A本社に伺う。

05/7〜11 群馬高崎で免許取得の合宿に行くが、神の声(音声送信)の氏の煽りと、10倍の強さの携帯電波などの人体実験を騙され受けさせられ、トラブルになり、免許取得をキャンセルし帰宅する。
このとき、氏が私に酷い実験をした罪で、逮捕されたとの話を神の声(音声送信)に聞き、やっと11月からの話がやっと終わるかと思ったが、捕まらず、ショックを受ける。

05/13〜14 訴えを起こそうと、法律関係と弁護士に相談しに行く。

05/15 電話会社のグループ会社に初出勤
就職したので、11月から続く神の声(音声送信)実験を、この日に、終わりにすると氏の神の声(音声送信)に聞いていたが、終わらず、仕事中に人体実験され、これからも、仕事を邪魔すると言うほのめかしや煽りを受け、仕事を続けるのを断念し、翌日、退社する。

05/18 インターネットカフェで神の声(音声送信)による脅しと携帯電波により、右目に傷(炎症)を負う、次の日、眼科で診察してもらう

05/21 新しい求人先(某花屋さんY)で面接。電話会社のグループ会社で失敗したので、携帯電波を使った実験(嫌がらせ)を受けており、お店に迷惑をかけるかもしれない、その時は話し合って自主退社しますと、面接の時に話すが、相手に意味が良く伝わらず、やりきれない気持ちになった。

05/27頃以降 パラメシウム事件発生。


2008/06
「酷い実験(嫌がらせ)が続く」

5/27頃から、2週間くらい、パラメシウムに対して非常用の処置や体制で窮屈な生活を余儀なくされる。6/17でも、また何かされそうで、まだ元の生活パターンに戻れず困っていた。

また、毎日の実験や嫌がらせも酷く、すぐにやめて貰おうと、いろいろな会社などに問い合わせる。
しかし、一向にいい情報がもらえず、問題の解決に至らないことから、関係していると思われる会社2社に、現在の苦境の説明と自己紹介を含めた、内容証明通知を出す。


2008/07
「早期の問題解決へ向けて、確実な策を進める」

内容証明通知を出した2社から、依然、連絡が来ないことから、関係していると思われる会社2社に、話し合いの場を設けてもらおうと、再び内容通知を出す。


2008/08
「音声送信を痛みを、病気と診断され強制入院」


2008/09
「すべてに対し、やる気を無くす」


2008/10
「音声映像送信、痛みに我慢し、資格取得」

・資格の勉強や講習中に邪魔してくる、加害者達(声優含む)に対し、怒りを覚えた。これを期に、音声送信を無視することを、少しずつ始める。
・体を鍛えるため、3kmジョギング&ウォーキングすることを始める。
・パソコン検定3級の資格とフォークリフトの免許を取得。


2008/11
「音声送信を完全無視始める」

・音声送信を聞くだけの価値がなく聞くのは馬鹿だと思い、無視を始める。
・ブログのひどい書き込みに対し弁護士に相談。
・MicroSoft Office Specialist WORD/EXECL の資格を取る。


2008/12
「音声映像送信、痛みを与えられるなどの嫌がらせに負けず、就職活動後し、就職を決める。」

2009/01
「無断で私の勤め先の大手電機量販店の企業盗聴をされ始める」 「一日中、音声映像送信、痛みを与えられるなどの嫌がらせが酷くなり、ストレスで下血が続いた為、病院に行く」

01/10 この件に関係していると言われ続けている、某レコード会社AのM社長宛てに、社内から私に対し電磁波などを使った嫌がらせをしてないか調査をして欲しいと内容証明を出す。

01/13 この件に関係していると言われ続けている、U氏宛てに、関係しているなら今すぐ止めて欲しい(知っているならば今すぐ止めさせて欲しい)と内容証明を出す。

01/13 数日前から下血が続いたため、病院に検査へ行く。