DENEBUのブログ  (最新版)


「無断人体実験禁止」「人権侵害禁止」
"Human rights abuses block" and "human experiment prohibition"
"人權弊端塊"和"人體試驗禁止"

※犯罪被害(の酷さ)を伝える事、犯罪被害抑止、犯罪被害に困っている方に紹介する場合などはリンクフリーです。またブログの買収、パスワードや生年月日等の個人情報搾取、不正アクセス、改変、改悪、削除などの無断操作等は絶対にお止め下さい。尚、当時の被害の酷さを理解して貰う為、あえて過激な部分(表記等)をそのままで残してある所も御座いますのでご理解下さいませ。

  • Twitter
  • RSS
※他の被害者から、情報拡散のお願いがありました。

以下に、記載します。

●電磁波攻撃・嫌がらせ 防止 の 有効手段。

(マグネットシート や 磁石) の磁力の面を、右足裏の皮膚に直接貼る。
これで一気に、電磁波攻撃・嫌がらせを、を防止する事が出来ます。

マグネットシートは、100円ショップ・セリアで売ってました。 A4サイズで、
ハサミで足型に切って型を作り、足型シートを右足裏に貼るだけです。

夜寝る時に、右足裏にマグネットシートの足型を貼ります。

人体の構造上、神経系の電磁波の帯電を、体外に出すには、
人体の右側に、磁石を付けた方がいいのかもしれません。
磁石がアース代わりになるようです。


以下参考サイトです。

http://ameblo.jp/nihonlovelove/entry-11008605248.html

http://www.omichikaori.com/2014/03/27/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%81%AB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%97%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E4%BD%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E9%9B%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88/

●隣が工場で、電磁波の嫌がらせで、特に深夜寝てる時に、嫌がらせを受けました。

寝てる時に、突然、頭をハンマーで殴られたような振動を受けたり、
体の筋肉のあちこちが、ピクピク動いたり、

起きて動いている時に、
首・背中・腰・手足の関節等が、振動でパキパキ音を立て始めたり、
もう精神的に参ってしまいました。

最後の手段で、この右足裏・マグネットシートの方法を見つけました。
半信半疑・だめもと で試してみましたが、その日にすぐ効果が出ました。

夜中に電磁波攻撃を受けた時に、それでも少し体がピクピクしますが、だいぶ弱くなり、
右足裏から電磁波が抜けるような感じがして、頭が振動するようなことがなくなり、
安眠できるようになりました。

心臓のペースメーカーを使っている方には、
マグネットシート・磁石は貼れないかもしれません。

一度お試しください。

平井 敏行

■(アーティスト)K氏の私に対する悪行


私の実体験と、電磁波等の音声送信(神の声)の実験の声の担当の声優さんに聞いた、私に対する、K氏の悪行。
昨年11月から、私に無断で勝手に、電磁波等を利用した実験で、「音声送信(神の声)」&「本音の声」を付け、今までのトラブルの元となった原因を作ったアーティスト。


(何人もいる、音声送信(神の声)の声優の方で、情報をくれたり、味方になってくれてた人からの情報と、
私の体験と合わせて作成したもの)


▲昨年、9月以前から(私がイオン水戸内原ショッピングセンター勤務時代から)携帯電波の実験用に(音声送信(神の声))に無断で、部屋を盗聴録音(奥さんとの新婚生活)
その部下の、音声送信(神の声)のO&I氏に、私の奥さんとの夜の生活や、SEXの内容を具体的にほのめかされ、本当に嫌な気持ちになった。
(Oは、インターネットラジオで本当に、奥さんとの新婚生活の夜の生活音も流してしまった→これを聞いたとき、非常に憤慨。不愉快な気持ちになった。)
それだけでなく、音声送信(神の声)の(アーティスト)O&I氏に、お前のSEXが下手だと、いろいろえげつなく、文句を言われ、本当に嫌な気持ちになった。
(あとに、何で、人のSEXの音を勝手に盗聴して、それを聞いて、私のSEXが下手だと言うのか、お門違い、非常に不愉快。頭がおかしいと思った。)

▲夜寝ている時、携帯電波が私の頭に認識できるように、
いろいろ私の体に下の部屋から実験。
朝起きると、頭が重く、何か病気ではないかと、いつも心配になった。

▲重大犯罪(責任を一番問われるところ)
昨年11月から、「音声送信(神の声)」&「本音の声」を、私に無断で、無許可で、勝手につけ始め、いろいろ面白がって実験を始める
その後、O&I氏に任し、本人は、責任者なのに、勝手につけたのに関わらず、責任感もなく、そのまま放置する。


▲2月に、O&I氏に任せていた、私の実験の報告を聞くと、
人体実験により、重大な事件や詐欺&犯罪行為に発展していた事に驚いたとの事。
(責任者のK氏が私に無許可でつけたのに、本当に監督無責任。酷すぎる。

▲3月に、私に、K氏の声や映像が届き始め、会ってくれると聞き、
東京の某レコード会社Aへ、初めて会いに行くが、騙されて、会えずに帰る。
初めから、責任者なのに、イメージが悪くなった。


▲重大犯罪事件
2008/03/11
何ヶ月も続く音声送信(神の声)に嫌になり、北海道、函館まで避難。
湯の川プリンスホテル渚亭301号室に泊まるが、私が知らない間に、
部屋の大型スピーカによる体に危険な短波の実験を行い始め、
私は、だんだんと体が力が抜けて麻痺しだしたのだが、
なぜだか解らず、そのまま、気を失しなってしまう。
そのまま、そのスピーカーから短波が出たままだったら、本当に、脳に障害が残ってしまう
らしく、本当に、軍事目的に使われる兵器の実験を私にやってしまった。
またそれだけでなく、その後、ホテルを貸しきって、ホテル全体で、ホテルのスピーカから、人体に危険な短波を出して、大掛かりな実験を初めてしまい、私だけでなく、他の方にも迷惑をかける行為をした。

▲2008/03/13
茨城の友部駅に、某レコード会社A所属Gのバンドのメンバー3人で行くから、朝の6時から夜の18時まで、道行く人に、薄着と裸足で、「デネブです。」と言い続けろと言われる。
03/14 AM2:00 「今から友部駅に行くから、焼肉屋を予約して、10人前を頼んでおいて」と言われる。


▲3月から、毎日のように、音声送信(神の声)にK氏の映像が見え、声が聞こえているとき、
私に無許可で、無断で7ヶ月も酷い実験していて、本人が苦しんでいると知っておきながら、
こっちがいつも本当に怒っているのに、何度、「やめてください!」「やめてください!」と言っても、反省する態度が、本当に一向(一度も)に見えず、いつも、「お膳立て(笑)」と言って、話の会話を打ち切って逃げてしまう。

▲いつも、この調子で、音声送信(神の声)や本音の声、体に不調や痛みを感じる携帯電波による人体実験をいつまでもされ続けられ、憤慨し、嫌になり、度々、警察に届けたり、弁護士に相談し始め、今に至る。
(お金(慰謝料・示談金を上げると言って、8ヶ月も上げない詐欺・ひどい奴隷扱い

▲私的には、3月に現れて、2月までのO&I氏の失敗を責任者として、尻拭いをしてくれると思ったが、逆に酷い実験をされ、本当に無責任と思い、嫌になった。


▲重大犯罪事件
2008/05/07
群馬高崎(株)日研フォークリフト教習所、3日合宿で免許を取ろうと、車で向かうが、
合宿して免許勉強し落ちたらしゃれにならないので、「邪魔をしないで」と前日から、何度も言っていたのにも関わらず、向かう途中から痛い電波や、声と映像で精神的に嫌がらせを始める。途中、「高崎までだよ。高崎に着いたら邪魔しないよ。」との声があるが、高崎について、「ここまでにするよ、あとは頑張ってみたいな」事を言われ、安心したのもつかの間、5分後くらいにまた現れて、音声送信(神の声)と携帯電波で嫌がらせを始めた。「酷い騙しだ!」と思って、怒り、憤慨しながらも教習所に到着し、学科を始めるが、学科の最中も、「ケルビム」の実験をされ、生徒がみんな眠くなったり、短時間、寝てしまう。

その日の、教習が終わり、宿泊するアパートに一度行き、夕食のために、高崎駅方面に歩いて行くと、だんだん体がだるくなり、歩くのが辛くなったので、音声送信(神の声)に対して不安で、「何かおかしいです。何かしてませんか?」と聞くが、実は、11月からの、音声送信(神の声)と人体実験のショックで気持ちがぼうっとして、欝になってしまうので、12月からずっと、私のテンション(興奮度)を少し(+1)あげる電波を私に送っており、それを、もう終えるので、+−0の普通の状態のにしたと言われた。
その状態で、しばらく歩いてみるが、あまりにも体がだるくて、歩くのがつらいので、「これからこの体に慣れるまで、ずっと、こんな状態で我慢しなけばいけないのか、これに慣れるまで、何ヶ月かかるんだろう」などと思いながら、高崎駅付近の通りのまで歩くと、本当に歩いているのがつらくなり、ベンチで休もうと近づいたときに、「横にある街路樹に触ると楽になるよ」と言われ、木に何十秒か触るが、体調がかわらず不安になって、音声送信の声(神の声)に訪ねると、「実は、テンションを変えているのではなく、今までの10倍の強さの電波を当ててた!」と聞き、「詐欺だ!騙された!」とショックに陥る。ずっと強い電波に当っていたため、具合が悪く、怒る元気もなく、ショックで歩いていると、「ズボンのポケット鍵に電波を当ててる」と聞き、ポケットの鍵を取り出し、しばらく体から遠ざけていると、だんだん楽になってきて安心する。
しかし、騙して、いままでにない強さの携帯電波を、何十分も浴びさせられており、あまりの酷い嘘のつき方に、本当にK氏が嫌になる。

2008/05/08 
技能教習も、K氏の音声送信(神の声)から、フォークリフト運転中に、音声送信(神の声)で煽りと、バランス感覚を無くす(左右の感覚を逆にするという)実験をされ、バランス感覚を無くしているときは、運転が変になる実験をされ、さらに本当に本当に嫌になった。

教習が終え、合宿所のアパートに戻ると、その憎き、K氏がとなりにいるよと、音声送信(神の声)が煽り始め、長時間に渡って煽られたため、騙されて、その流れで、その後、トラブル発生。警察沙汰になり、5月9日、翌日に、合宿の教習を2日残しあきらめ、帰宅することになった。


▲2008/05/15
電話会社に就職するが、就職したら、この携帯電波の実験を全て終えるといってたのに、初出勤の日から、研修中に携帯電波を使った体への嫌がらせと、昼休み外に呼び出しての、音声送信(神の声)を使った、「死んで欲しい」X3の脅し、ほのめかしに合い、これから続けていくことが困難に思え、翌日退社する羽目になった。

▲2008/06/19 15:44
私が、実験を7ヶ月無断でやり始められて、苦しんでいて、音声送信(神の声)でK氏(本人)と繋がっているとき、「(もう)やめてください!」と発言するが、無視される。
今までの、酷い実験を含む詐欺行為に、慰謝料の話で、「10億だ!」と言ったら、「5億」との話と、「今に見ていろ!」との声と映像で、挑発してきた。

私の毎日の苦労
〜毎日の日常生活での電磁波等の実験に対する苦労〜

▲私生活で困ったことは、8ヶ月以上、プライペートとプライバシーの無い点。
風呂でもトイレでも夢でも、
音声送信の声に話される→本当に異常。


▲8ヶ月以上、音声送信の声がある、聞こえる等、
実際に言ってくれた人が一人もいない。
ずっと、理解者を求めていた。

▲家族(元奥さんとその母、私の父、母、妹)、よく行くお店の人、
誰も信じてくれない(話してくれない)。
何度言っても、信じて話してくれる人いない。

▲私に取って、信じて協力してくれる人がいなくて、本当に辛い生活。

<実験で受けた問題>
毎日毎日、部屋に居ると、少なくても一日3回以上は、
体に痛みを感じる生活を8ヶ月は、送っていた。
痛みにも、「チクッ」から「イテテテテテ」まであり、
それらを含めて、多いときは、一日、数十回以上の時もあり、
話を伝えるために、普通より強い電磁波等を、
家の周りに24時間張らしており、
さらに、実験をするため、さらに強い電波を体に、
最近、当てており、

・弱なり強なりの痛みを与えられた計算
一日3回として、単純回数だけでも、3X30日X8ヶ月=720回

・強い電波を当てられた時間は、(少なくとも、通常の1.2倍)
単純計算で、24hX30日X8ヶ月=5760時間
になり、体に異常がでないか不安。

・音声送信の声で、強制的に話される(聞かされる)時間
(耳をふさいでも、「やめて」と言っても続けられ、
そのうちあきらめて、従順になるしかなかった・・・。12月、1月から・・・)
(単純計算、平均一日、10時間と少なく見積もって)
10時間x30日X8ヶ月=2400時間
と、絶句する時間。

・11月から、音声送信の声に対して、「やめてください!」と言った数
(単純計算、一日平均7回として)
7X30日X8ヶ月=1680回
を超える
(12月などの初期は、訳がわからず、ショック状態で、何を言われても、
言い返せない時期があった)

▲これらを、8ヶ月以上、私に無許可でやっている、まさに、拷問、奴隷扱い。


<日常生活での問題説明>
▲部屋
金属を含む製品(特に電化製品)は、帯磁して体の痛みやだるさが発生しやすいので、
何度も何度も少しずつ少しずつ、金属類の製品を捨てたり、
部屋から移動したり、金属部分の少ないものを購入したりして、
どんどん減らしていった。現在、最低限に近い環境になっている。
また、帯磁させないように、
バケツに水を絶えずいれておいて帯磁したら体に水をかける&つける、
水の入ったパックをおく、霧吹き、臭い消し等を、
毎日毎日、多いときは、一日、5回くらいやり、対処中。

▲ゴミ(痛みの発生・ケルビム(臭い)対策)
ペットボトル・缶・金属の材質のごみ
(アルミ・カロリーメイトの包みなど)、
臭いの強い食事後、それを使い眠くされて気を失わないように、
部屋内に放置せずにすぐ処分する為、
部屋から離れた場所に毎回移動。

▲銀行・ATM
暗証番号入力時などに、本音の声で情報を読まれないように、
毎回毎回、呪文みたいに数字やアルファベットを詠唱しなくてはならず、
(1234567890、abcdef・・・)、
本当に苦痛、面倒、馬鹿らしく、嫌になったり悲しくなったりする。

▲冷蔵庫
夏も近いのに、冷蔵庫を使えない状態が続いて困っている。
(飲み物、生もの、要冷蔵、冷凍食品等、気楽に購入できない)
冷蔵庫の電源入れていると、電源を携帯電波で他人が遠距離から、
勝手にON/OFFされて、その大きな音に、私の気持ちが乱れ、
煽るために使われたり、
私のテンションを上げる為に、
冷蔵庫の音の出る辺りから、別の気になる音を出したり、
気になる音声を出したりして、長時間(数時間)、
精神の煽りに使われ、本当に嫌になる。
部屋から、外に出させるのにも故意に使われることもあるようで、
本当にうるさくて、何度、「うるさい、うるさい」等と苦情を大声で
言ってもやめてもらえず聞いていると、電源を切るか、外に出る事が
度々あった。また、夜寝るときは、
必ず電源を落として寝る生活を送っていた。
また、パラメシウム事件(発がん性化学部質を撒かれた出来事)をで、
(酷いことに一部、嘘の確立が現在、高くなってきている)
冷蔵庫の中身を全て捨てて、冷蔵庫をふき取り洗浄したが、
また再び、悪戯されるかもしれないので、
夏なのに冷蔵庫が使えず、辛い生活を余儀なくされている。
怒らせてやろうと言うことで使ったり、音での脅しや、
いつも冷蔵庫に気にさせることで、疑心を煽る行為に使われたりして困る。

▲米(食事)
12月から5月下旬のパラメシウム事件(発がん性化学部質を撒かれた出来事)まで、
ずっとご飯は炊飯器で炊いて、
一日の食費、平均600円くらいで済ます生活を送っていた。
米についても、普通なら暗所に置いておけばいいが、
携帯電波強く、痛みが早いため、
家で安全なところは、私の冷蔵庫しかなく、
それが今は、先の理由でつかえないため、
加工した米食品や弁当生活を送っている。

▲過食
・食べることぐらい幸せほしい→性欲なし、窮屈な不自由な生活
パラメシウム事件(発がん性化学部質を撒かれた出来事)から、
話が大きくなり、いつ何が起こるかわからない状況なので、
たくさん食べて、栄養つける、生活を送っている。
朝方、よく、メルトダウン(体の麻痺実験)とか掛けられていて、
急いで起きて行動しなきゃいけないときなどに、
食べていないと、動きが鈍くて、早く動けなくて困った時があった。
それを逆手にとって、今度は、
ケルビム(臭いの増減、腹の気持ち悪さの実験)の実験を始めて、
お腹に物がいっぱい詰まっていると苦しい目にあうようにされた。
また、さらに、メルト&ケルビ&映像転送(夢)&射精とか、
いろいろやられるので、とりあえず、栄養つけて、
対応できるようにしようと思っている状態。
音声送信の声から説明があったのが、
栄養をとってねると、体にストレスがかかる(痛みなど)違和感があると、
寝ているときに、寝返りを自然に打つらしい。
逆に、栄養がないと、寝返りも打てずに、
メルト(体の麻痺の実験)で固まりやすいとの説明を受けた。

▲散歩(外での運動)
散歩は好きで、いつも、近所の湖の周りを、
特に春など気候がいい時は、毎年のように歩いていたが、
最近は、外を長時間歩いていると、
強い携帯の電波が私に当てられ、体調、気分が悪くなり、
途中で歩くことが困難になる時も、度々あるので、
とても行く気になれないで困っている。
(湖の付近では、1月か2月に1度経験、その後、5月にも経験。
5月の時は、いきなり体が変になり歩くのが無理だと悟り、4分の1周で帰った。)
また、最近、その湖の周りは、携帯がつながりやすいように、
周りにパワーアンテナ等で電波が強い環境になっているとのことで、
怖くて、行けない状態。

▲車
車で長時間移動するときは、車のスピーカーで体を帯磁させて、
体をだるくさせて、気分を滅入らせたり、痛みを与えたり、
エアコンから変な臭いとかと言う物理的嫌がらせと、
音声送信の声がいつも話しかけてきていて、
時折、タイミングを構わず、「やめて下さい」と言っても
話しかけてくるので、危ない時に声に気を取られてしまい、
本当に車をぶつけたり、衝突しそうになったりする事が度々あった。
その為、その対処や準備して、車に乗らなければならず、ほんとに不自由。車
で寝るときは、帯磁覚悟(だるくなり、気分が滅入る)で寝ないと
いけなくて、長時間寝ると、さらにだるさが残る。
<具体的にした対処>
・水を入れたパック(帯磁を除去するため)
・金属を含む持ち物からの痛み、食料品などを強い携帯電波から
 守るための(対ケルビム)の防御用のボックス
・リセッシュ(消臭剤。水分を散布することで、車内の帯磁も弱まる)
・アンテナ、外している
・カバー取替え(パラメシウム事件)
・車を出す時、数分のエアコンの安全点検の出発(パラメシウム事件より)

▲服装・持ち物
金属部品の付いた服、靴の金具、ベルト、チャック、メガネ、カギ・・・
全部駄目。金属部分が帯磁し、それから体に痛みを与えるようになる。
そのため、金属部分を多く含む服や靴は、処分や倉庫へ移動した。
本当に、気を使いながら生活している。
痛くならない材質の物の衣類や持ち物は、値段が高いものが多くて、
財政的に無理で、いつどこで手に入るかも判らず、
なかなか手に入らないので、最近は痛みを我慢して、
多少の金属部分付きの物でも、付けて生活している。
時折、酷い痛みやだるさが場所を問わず発生し、
上着を脱いだり、靴を脱いだり、メガネ・ベルトを外したりなど、
街中やお店や車の中で、急いで対応しなければいけない時が、
度々あり、本当に苦痛。
見た目に酷いのはベルトで、どのベルトも大きなバックルの金属が
付いているので、仕方なくゴムひもをベルトの代わりにしていて、
自分でも、見た目も、やっている事も惨めで嫌になる。
人前では、頭のおかしい人に思われないようにしないといけないので、
あまりゴムひもを見せないようにして生活しており、本当に神経が疲れる。

▲入浴
匂い成分が残っていると、携帯電波で臭くされたり、眠くさせたり、
登録(※ロックオン)されたりしてしまうので、
シャンプー&整髪後に、頭に、臭いの無い整髪料と
臭い消しを毎回まぶして、整髪するようにいつもしている。面倒。
その臭い消しには、エタノールが混ざっていることが多く、
髪の毛が茶色になって困っている。
また、髪や体洗った後に、匂いを残さないために、
浴槽でもう一度、よく頭や体を洗わなければいけなくて、面倒、苦痛な時も。
実験が酷い時は、1日に4回入浴、シャンプー3回と言うような日もあった。

▲トイレ
小便、大便の音に合わせて、声を出して喋られる時が、1月、2月、よくあり、
本当に嫌な思いをした。(現グスタフ連続と似た気持ち)
大便の方は、声が合わせずらいと言われた。
現状は、「トイレなんで、5〜10分、話さないで下さい」とは言っているが、
相変わらず、軽く話してくる状態。

▲趣味
▲MIDIでの作曲
音声送信の声の声優さんが、作曲してくると声で割り込んでくるので、
集中できず、何ヶ月も離れている。また、トラブル中なので、
分け合って、音楽関係の趣味をしないでいる。
▲音楽鑑賞
トラブル中のなので、話題利用されないように、何ヶ月も聞いてない。
聞いても、洋楽、インストゥールメンタル。

▲デジタル家電の購入
本当に、デジタル家電好きで、カタログもよく見ており、、
お金もそれぐらいあるのに、携帯電波実験中で購入できない、もどかしさ、悔しさ。

▲パソコン
欲しくても、新型を買えない。買うとしても、いいパソコンを買えない。
買うと携帯電波を当てられて、実験や悪戯で壊される可能性あり。
現在のパソコンも、毎日のパソコン使用時、
・スピーカーから、体の痛くなる電磁波を出されて、
帯磁して気分が滅入ったり、パソコンを触るのが嫌になる。
・携帯電波を遠距離から当てられて、電圧を勝手にいじされて、
クロックアップさせたり、ハングったりさせたり、
けたたましい音を出されたりを勝手にやられる。
「やめてください」と何度も言ってもやめてもらえず、本当に困っている。
・PW&ID入力
暗証番号入力時などに、本音の声で情報を読まれないように、
毎回毎回、呪文みたいに数字やアルファベットを詠唱しなくてはならず、
(1234567890、abcdef・・・)、
本当に苦痛、面倒、馬鹿らしく、嫌になったり悲しくなったりする。
・いつも、クラックされる(された)という、仄めかし、脅し、猜疑心、
煽る音声送信の声に不安になったり、翻弄されることもしばしばある。

▲携帯電話
欲しくても新型を買えない。理由は、パソコンとほぼ同じ。

▲デジタルテレビ(家電)
未だに、アナログテレビを使っており、
デジタルテレビに買い換えたいのだが、パソコンと同じ理由で、
購入できないでいる。困っている。

▲PS3・Wii
元ゲーム開発の仕事のやっていたので、是非、購入したいが、
パソコンと同じ理由で、購入できないでいる。
また、デジタルテレビも一緒に購入しないと駄目なので、困っている。
また、ゲームもやる時間がないくらい、携帯電波の実験の問題に面している。

▲睡眠
2月から現在まで、勝手に音声送信の声で、平均3時間で起され続けている。
それまで、30年間、平均5〜6時間睡眠だった。辛く感じた。
(仕事忙しいときは省いて)

▲性に関して(当時の奥さんとの関係)
元奥さんとの別居後、12月、1月、元奥さんと、いい雰囲気になった時、
いつ、音声送信の声が話してくる、見られているという不安な気持ちになって、
緊張して、優しい気持ちになれなくて、そういう事に至らなかった。
(12月(車で家に送る途中)&1月20日前後)
また、そういう事になっても、とても出来ない気分であった。
また、3、4月頃、別居している私達に、
音声送信の声の関係者から、
「実験のまとめの日に、いきなり会ってしちゃって」と、
私の気持ちや状況をよく知らずに、簡単に言われて、異様に腹が立ち、
「こんな状態で、出来るわけないだろ!(怒)」と、憤慨した。
(「性欲消化して、関係者を憎んでいる人への気持ち忘れて」と言う
都合のよい意味に取れた。)

▲12月、1月にあった説明
音声送信の声の関係者から、何度も、元奥さん(彼女も実験されている)と
二人のテンションメーター並べて、事の最中、
体の免疫&テンション調節&耳打ちして、
「最高な、いき方をさせてやる」と言われた。
誰が事の最中、その二人のデータを見て、指令を出すのか判らなく、
気持ち悪くて、とてもそんな事できないと思い、
元奥さんとは、しないようにしないとと思っていた。

また、元奥さんの体を見たり、触ったりしていると、
私の場合、イメージ&感情がつつ抜けで、
元奥さんの大事な部分の絵が出ちゃう(見えちゃう)、
どこをどの時間攻めてる、私が性的に感じているとか判ってしまい、
(今は、元奥さんも性的に感じているとか判ってしまうらしい)
元奥さんにも迷惑かかるので、
ずっと、当時、元奥さんとは出来ないと言っていた。
(関係者へ判りやすい例:私、元奥さんのあそこ(見た、触った)→登録)
あきらかに、二人を実験材料として見ており、酷いと感じた。
音声送信の声の関係者は、「事の最中は、OFFにするよ」と言われたが、
信じられるわけがなかった。

現在は、なんでそんな実験、契約もなく、勝手にする権利があるんだ?
とち狂ってると思える。

また、私の場合、頭に思い浮かべたイメージを登録されるらしく、
12月、1月の初期は、そのイメージについてきちんと説明がなく、
リアルな絵が登録されてしまうと思い、
音声送信の声には、思い浮かべたことについて、
いろいろな、仄めかしや突込みを入れられるので、
奥さんとの事や、元奥さんの裸や部分を、
ホントに必死に想像しない様にしていた。

「あなたの奥さんが、
こんな事されたら、どう思いますか?!」

全ての元になった2007年11月の事件
■全ての元になった2007年11月の事件


2007/11/04 奥さんと結婚式を挙げる。

この間、奥さんの居ない時に、内原の貸家(FR住宅南)に独りになると、
変な声が聞こえ、話しや指示、嫌がらせが始まる。
初めての事で、精神的に不安定になっていた。
奥さんとも変な声が聞こえる聞こえないで、いざこざあり。

11/初旬 派遣会社○ットウィル(2012/01/20修正)でバイトを始める。
場所は、石岡の(株)○栄プラスチック工場(2012/01/20修正)。
今、周りで変なことがおきていて(変な声の問題)精神的に不安定で、
仕事をやると初めての職場でさらに不安になり、
奥さんとさらに変な声問題でけんかなどして、
今以上に仲が悪くなることが想像できたので、
奥さんに訳を話して、納得して実家に戻ってもらうことにした。
距離を置けば、けんかしないので
今以上に仲が悪くなることはないと思った。
これは、奥さんに話して了承してもらった。

その日から、一人なので、弁当など、料理するときは、
変な声(年配の男の声)で、
ほめたり(うまい、よくできた、まだまだ)、指摘されたり、
パソコンで音楽を聴いたり、MIDIで作曲してたりすると、
背後から声がして、指摘やほめ言葉(?)があり、見られている気がしてたりした。
訳がわからないが、話から音楽関係の人(芸能人さん)ではないかと思い始めていたが、不安だった。

バイト先では、数日、働いた後から、変な声から指示や、
その時、私の考えている事を、なぜか他の人から仄めかしを受けたりして、
不安で嫌な気持ちで仕事を続けた。

仕事を始めると、昔の勤めた各会社で、苦手な人たちが、
次々と、特に目元だけを整形して、仕事先に現れて、
(水戸○○○内原○ョピングセンター(2012/01/20修正)勤務の仕事の時の上司と昔の彼女、某ゲーム会社S勤務時代の上司Wさん(2012/01/20追記)など)
「なぜ、今頃、嫌がらせに来たのだろうか?」と、非常にショックを受け、
不安でいろいろ聞くと、違う名前を言ってきて、別人だと言い張ったりした。
しかし、どう見ても、顔の一部が違うだけで、
骨格(身長、肉つき)、着ている服装、靴などが一緒で、
臭いさえも似ている感じだったので、さらに不安を感じ、
「何か理由があって、別の名前で近づいてきたのだろうか?」と、
不安を感じながら一緒に仕事をし始めていた。

仕事に慣れてくると、私が時たま、いやらしい妄想(女・男)をすると、
変な声で仄めかされ、
それをすると、その後、すぐに周りの人が私から離れて働き出して、
私の考えが伝わっているような気がして、精神的に不安定になった。
落ち着くと、周りの人が戻ってきて、確信を深めた。

ある日、精神的に不安定な状態で働いていて、
嫌がらせに、訳が分からずショックで泣きそうになっていた時に、
トラックを運転して資材を運んできた人が、
以前、勤めていたゲーム会社S(2012/01/20修正)の後輩のOM氏(2012/01/20修正)で、
声を変えてとぼけたふりをしていて、気持ちを駄目押しされ、
ショックで愕然となり、嫌な思いをし、涙が出てきていた。

さらに、石岡の近くの別の工場に仕事で移動し、
ベルトコンベアで梱包作業をしている時、
作業中、狭い通路で、すれ違いざまに、
お尻や胸を私の体に接触させてくる、男や女の他のバイトしている人がいて、
その際に、いやらしい妄想(女・男)をしてしまうと、
すかさず、変な声で仄めかしを受けたり、
その時、周りのバイトの人が、なぜかみんなで笑ったり、
また、私の思考が聞こえていて、周りのバイトの人たちがそれを聞いて、
突然、声をあげる行動をされたり、一言二言、私の思考が分かっているような、
仄めかしを受け、訳がわからず、精神的に不安定な状態になっているのに、
仕事は忙しく、途中で止める事ができず、泣きながら作業していると、
しばらくして、視界の遠くから女の人が、突然に近づいてきて、
見ると、芸能人さんの「YKさん」で、
変な声で「本物はやっぱりかわいいでしょう?」と言われ、
びっくりし、ショックを受けるが、
その前に、精神的に不安定になっており、素直に喜べず、
何をしていいか分からず、間をおいて、再び作業をすると、
周りから、先ほどのすれ違い時の接触や、
考えていることの、仄めかしが多くなり、
(無視したように思われて、周りの人が、当たってきた?)
訳が分からず、ショックでさらに涙を流しながらも、最後までバイトを続け、
その後、家(FR住宅南)に泣きながら帰宅、バイトを続けることを断念する。

その後も、家で変な声の指摘や、嫌がらせが多くなり、
何度も、あまりのしつこさに、声に対して「あなたは誰ですか?」などと具体的な質問をすると、
「はい、いいえ」しか答えてくれず、意地が焼けてきて、
あえて「芸能人さんなんて・・・・」と怒鳴ると、
その時を境に、体が痛くなる実験を始められて、訳がわからず、ショックでさらに不安になる。

また、近所の内原○イブ(2012/01/20修正)に食料品を買出しに行くことがあり、
時たま、変な声で、「いるよ、いるよ」、「(レコード会社A所属アーティストの2012/01/20追記)Oさんがいるよ」みたいな声がし、
売り場で、内原の田舎に不釣合いな、きれいな茶髪のロングの髪と、高そうな服を着た
Oさんに似た人が、何人も、背中を私に向け、顔が見られないように、
前をウロウロする事が多くなり、気になり始め、顔を確認する事もあった。
また、売り場でも変な事(?)が事も度々あり、広いお店に、客が私一人と言う
ありえない状態が度々あり、「何か変だな?誰か来るのかな?」と不安になる事も
よくあった。(明らかに普通でないお店の状態)
しかし、私自身、Oさんの顔をよく知らないので、あまり興味を持てずにいた。

それから、さらに、考えていることの仄めかしが多くなり、私の頭に浮かべた文字が、
声の人たちに見えているようで、驚かれ、考えが分かってしまうようで嫌になっていた、
ある日、突然、父と母と妹の声がして、「お兄ちゃん、すごい!頭に浮かべた文字が見えるよ!」みたいな
妹の声がして、本人と思い、今の事情や苦しい気持ちを伝えたくて、
「頼むから、実験施設(?)にいるなら、そこの研究者の人たちに、私がそこに行って研究受けるので、
こんな事を(日常の生活で)止めるように言って!」と、本当に困ってお願いした。
その際、妹の声で「わかったよ」と言うような返事をされ、やっと止めてもらえると安堵した。

しかし、その後も、体に痛みを覚えたり、変な感覚になったり、
それが、日を追うと、逃げ回ってもついてくるようになり、パニック、嫌になる。
さらに、夜、寝ている時にも痛みを与えてきた時があり、
「やめてください、やめてください」とショックで泣きながら、布団の中で我慢をしていたが、
しばらくして、我慢しきれず、起き上がって、
「僕が悪い事をしたのならば、本当に会って謝りますから、
本当に止めてください、話し合わせてください!」と声が聞こえてくる壁に向かって、
何回も何回も泣きながら懇願した。

しかし、それからも度々、隣のFR住宅北(2012/01/20修正)の借家の方向から、
私の考えている事の仄めかしの声がして、訳が分からなくなり、精神的に不安になる。
子供たちの声、女性の声あり。
女性の声では、「頭が見えてると見つかるよ。隠して。」みたいな声がして、
自分で考えて、帽子の中にアルミ箔を一杯つめて、逃げ回る時があった。

そういう事が何日か続いたある日、「危機的対応だ!」と仄めかしを受け、
変な声に指示されて、周りの近所を何件も回らされたり、家の中にいると、
すごい体が痛くなったりして、耐えられなくなり、外に出て逃げたり、
車でも逃げたりしていたが、数キロはなれても、痛さが追ってきて訳がわからず、
車から降りて逃げて、靴を脱いだり、ベルトをとったり、服を脱いだりして、
田んぼを移動した。
しばらくして、痛みが無くなって来て家に戻るが、
その後も、度々、同じような痛みを与えられる事があり、
それをやっている人が、声のやりとりから、
さん、さん(レコード会社A所属2012/01/20追記)」と分かるようになり、
しばらくして、昼間、家の前から、
何度か私の名前を呼ぶ声がして見に行くと、
今で言うI氏シャツ(腕が灰色、体が白のシャツ)を着て、
一緒に遊んでいる犬を私の名前で呼んでいる男の人(髪の毛染めていて、短髪)の人がいて、
I氏と言う人かな?と思い、聞こうと近づくと、犬の名前をきちんと呼び出し始めたので、
変だな?嫌がらせかな?と思いながらも家に戻った日もあった。

その後も、
さん、さん」が隣の家(FR住宅北)に居ると、変な声に言われる時があって、
隣の家に尋ねに行くことが数回あった。
それでも会えず、体が痛くなることが何度も何日も続き、不安や怒りや溜まりだし、
逃げても痛みが付いてくるので、訳が分からず、
その痛みが、隣(FR住宅北)からだと、前からうすうす感じており、
度々、「もう止めろ!、殺すぞ!」と叫んでいた。
ある日、怒りが頂点になり、包丁を持って、防御のために毎日かぶっていた、
アルミ箔入りで横からアルミ箔が少し飛び出ていた(明らかに一般人が見たら精神異常者に見える)
帽子をかぶったまま、殺そうと、隣の家に大声を出して飛び出していった。

ドアを叩き叫ぶと、中で話し合う声が聞こえ、しばらくすると、
その家の、女性の人がドア越しに、「なんですか?」と聞かれ、
いい加減にしろ、殺すぞ!」と大声で叫んでいると、
近所の家の窓から、大声を心配した人たちが、何人も、みんなこっちを見出して、
パトカー、救急車呼んで〜!」との声も出始め、辺りが騒然となる。
その後、隣の家の女性がドア越しから、震える声で、「今、いとこを呼びますから!」
と叫びだし、その時に、その声で我に返り、居るのは知っている隣の人だと分かり、
変な声に騙され、犯罪を起こしたショックで、
(人を守る仕事の経験があり、人を守ろうとした事もあるのに、なんで私が犯罪を起したんだ!?等)
訳が分からなくなってショックで、泣き出してしまい、
自分の家の玄関の中に戻り、座り込み泣き出した。
しばらくすると、「O、I」に対して、
何度も嘘をつかれ騙されたというショックで、殺したくなり
訳の分からなさも手伝って、キチガイ状態になり、大声を上げて、
殺してやる〜!殺してやる!」と泣きながら、
ドアや壁を叩くことが何時間も続いた。

その間、家の前に、何台も車が来て降りる音がして、私に声をかける声が何度かして、
そのうちの一人が、前お世話になった病院の女の先生みたいな声に聞き取れた。
時々、落ち着くが、それでも、発作のように、又、怒りと涙がこみ上げてきて、
ドアや壁を叩き大声で、「殺してやる〜!」と言う状態が続き、
キチガイ状態のあまりの長さに、あきらめて(?)、車が途中で何台か帰る音がした。

それから、しばらく泣き叫び続け、途中で疲れ、玄関の寒い所で、気を失い、眠り込む。
その後、よく覚えていない。

次の日あたり(?)に、父が来て、「大家さんに出て行け」という話をされたと聞き怒られ、
父に事情を話しても、理解してもらえず、
(「父は、研究所にいて声でやり取りした事あるはずなのに、何で何も知らないの?」などと
訳が分からなくなり)
仕方なく一緒に大家さんに謝りに行き、相談すると、
「隣の人は、女一人、赤ちゃん一人の家。その家に、包丁持って怒鳴りこんだせいで、
パニック、怖くなり、実家に帰ってしまったんですよ!出て行って欲しい!」と言う話を聞き、
謝罪をし、立ち退くことを決めた。

そのせいで、奥さんとその母に病気と思われ、奥さんと完全に別居することになった。

このページのトップヘ